寝る前に「寂しい」と言いすぎてフラれました。というケース。



寝る前に「寂しい」と言いすぎてフラれました。というケースが急増しているようです。

これには色んなパターンがありますが、これは一体どういうことなのでしょうか。

少し深めに掘り下げていこうと思います。




■電話を切りたくない

寝る前にいつも彼からかかってくる電話。

それがとっても楽しくて、切るときはとても寂しくなってしまい、つい「寂しい」と言ってしまう。

そんな経験はありませんか?

最初のうちは「可愛いな」と思ってくれるかも知れませんが、だんだん鬱陶しいと思われ始めてしまいますよ。

これはフラれる原因としてかなり大きいようです。


■寝る前に騒ぐ

先に寝られたら寂しい、という理由で寝る前に騒ぎまくる女性もいます。

これも最初のうちはいいかもしれませんが、しばらくたってくると「寝る前なんだから落ち着いてくれ…」と思われることが増えてくるでしょう。

寝る前に騒ぎ過ぎると、いろんな意味で避けられてしまう可能性があるのです。

こういった行動はできるだけ避けるようにしましょう。




■寂しいと言い過ぎるとフラれる流れになりやすいワケ。

“寂しい”と言い過ぎるとなぜフラれる流れになりやすいのでしょうか。

男性は何につけても理由を考える生き物だったりするのです。

「寂しい」と言われると「なんで?」となる傾向が強いのだとか。

ただ、なんで?と言われると切りたくないだけ…となってしまう。

彼としては「おれの時間を奪っていることを理解してくれ」と考えるケースが多いでしょう。


■時間泥棒にならないように!

彼のことが大好きだと、やはり寂しいという気持ちを感じることは多いかもしれません。

しかし、それを彼に押し付けすぎると、単なる時間泥棒になってしまいます。

もちろん彼もあなたと話したいから電話してきてくれているのでしょうが、そこに対して「彼の大切な時間を頂いていること」を感謝しなければなりません。

さもなくば「電話したら面倒くさいから電話やめよ。」「LINE返したら面倒くさいからLINEやめよ」などと思われてしまう可能性もあるといえるでしょう。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は寝る前に「寂しい」と言いすぎてフラれました。というケースについてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】