女性恐怖症でも「付き合ってみたいかな?」と思う女性のタイプって?



ここ最近は世の中も非常に物騒になってきたこともあって、女性恐怖症の男性が増えてきているようです。

リベンジポルノや、ちょっと喧嘩すれば「モラハラ」などと言ってしまう女性が増えてきているので無理も無いはず。

今の時代は女性よりも男性の方が、異性に対して恐怖を感じているようです。




■強引に誘ってくれる女性

ある程度女性の方から強引に誘ってくれるのであれば、心を開きたくなる…という男性も多い様子。

自分からいくと、思いもよらないセクハラ扱いをされてしまう可能性もあるので怖いのだとか。

反面、女性から来てもらえるとかなり気が楽になるようです。

自分から行っているわけではないぶん、セクハラ扱いされにくいことがメリットとなっているんですね。


■きっかけを作ってくれる

女性と関わるとセクハラ・モラハラ扱いされる…。という固定観念を強く持っている男性は少なくないようです。

よって、自分から積極的にきっかけを作ってくれる女性は、男性にとっても心を開きやすいのだとか。

男性からきっかけを作りに行くと、セクハラ・モラハラ扱いされる可能性もあるわけで、当然の結果かもしれません。

一昔前までは男性がリスクを冒して女性に近付くというのが主体ですが、今はリスクが大きすぎるために、男性の方が萎縮してしまっているようです。




■笑顔で接してくれる

そうはいっても笑顔で接してくれるとなると誰しも嬉しいというもおの。

女性に近付くと危険だ、と理解していても、笑顔で接してくれることによって少し心を開く男性も多いようです。

白い歯を見せて笑うというのは、生物学的にも敵意がないことの現れなのだとか。

もしかしたらそういった部分をしっかりと認識しているのかもしれません。


■結婚を考えられる

なんといっても最終的にはこれ。

女性と一緒にいると、男性にはパワハラ、モラハラ、セクハラ…と、突然ハラスメント扱いされるリスクが生まれます。

また、それ以外にもリベンジポルノをされてしまうというリスクも背負わないといけなくなるのです。

そういった点を踏まえて男性は特に、結婚を考えられる女性としか近づきたくないタイプが増えてきているようですね。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は女性恐怖症でも「付き合ってみたいかな?」と思う女性のタイプをまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】