ラインはやめて「あえての電話」が喜ばれる男子の系統と理由って?



現代の基本連絡手段となりつつあるLINE。

しかし、そんな手軽なLINEですら嫌ってしまう男子がいるようです。

そういう男子にはむしろ電話が効果的!

今回は「あえての電話」が喜ばれる理由などをまとめていきます。




■手短にすむ!

LINEをするのが嫌、という男性は相手に付き合う時間にたいして難を感じているパターンが多いでしょう。

女性が”1日4時間くらいコミュニケーションを取りたい”と仮定します。

男性が”1日長くても1時間くらいでいい”と思ってるとします。

そうなった場合、女性は男性に対してついついしつこくLINEを送ってしまいがち!

そうではなくて、むしろ電話してみるほうが手短で喜ばれます。


■さらにさらに?

さらに上記を踏まえると、電話も女性は長電話したくなることでしょう。

しかし男性は要件を済ませたいと感じているはず。

と、なってくると、どっちもの希望を満たす方法がないような気がしてきます。

しかし、実は存在していたりするのです。

これが遠距離恋愛の難しさとも比例してくるのですが…。




■一緒にいるけど何もしない

一緒にいるけど何もしない、という状況を好む男女は非常に多いようです。

一緒に同じ場所にいて、互いにやりたいことをやる。

実はこの関係が一番長続きしやすいのだとか。

一緒にいるけど何もしない関係、これを目指してみるのもいいでしょう。

と、なってくると重要なのは短期決戦ですが…


■短期決戦だからこその電話!

そう、ここで再び「LINEより電話」に戻ってくるのです。

短期決戦だからこそガンガン電話するべきでしょう。

電話をする事で他の女子との差別化も計ることができるので一石二鳥でもあります。

このあたりのテクニックを駆使することによって、彼女というかけがえのないポジションをゲットしましょう。

そこから先は「一緒にいるけど何もしない」関係を目指すと長続きするようです。




■おわりに

いかがでしたか?

今回はラインはやめて「あえての電話」が喜ばれる男子の系統と理由、そして流れと対策をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてぴょん。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】