理系男子はバリアを張ってる?だからこそ攻略しがいがある!



理系男子はバリアを張ってる?そう感じることはありませんか?

普通の男子とは違って、あの手この手で攻めてもなかなか難攻不落なのが理系男子の特徴。

そこで今回は理系男子の攻略法についてまとめていきます。




■駆け引きが…通じないだと…?

理系男子は全てを理詰めで考える傾向があります。

よって、恋愛による心理的駆け引きをバリアしてしまう可能性が高いのです。

彼の前では全て無力化してしまう…全て見ぬかれている気がする…。

そんな感覚を覚えてしまうこともあるかもしれません。

では、対策は無いのでしょうか?


■駆け引きは存在する!

普通の駆け引きは通じないとしても、術中にはめる手は存在します。

それは人間の「人間は物事がうまく言っている時は、自分が操られていても気付けない」という性質を利用するというもの。

彼を上手に引き立て、相手に「オレが全てを見抜いている」と思い込ませることによって隙が生じ、そこにつけ込んで操作することが可能となってくるのです!

相手の心理的な隙は「油断」から生まれるもの!




■理系男子に効く魔術(グリモワール)

理系男子に効く魔術(グリモワール)として、あげられる言葉は、「あなたの目には何もかも全てが見えているみたい」とか、「あなたの前では正直でいられる」などといったもの。

実際にはこんなことを思っていなくても、これを話すだけでかなりの確率でガードが緩みます。

それでも上手くガードが緩まないのなら、「私は嘘つきなの♡」と言ってみましょう。

嘘つきが「自分は嘘つきだ」と発言するということは、つまり正直だということになります。

こういった理詰めトリックが、理系男子にとっては効果が高いのです!


■ガードが緩んだらやりたい放題!

一度ガードが緩んでしまい、相手が「こいつはオレに夢中だな」と思い込んでしまえばあとはやりたい放題!

色々とモノをおねだりしてみたり、デートに誘ったりしてみましょう。

物事がうまくいっているときは、操られていても気付けない。

彼はきっと、「そんなにオレと一緒にいたいのか」と勘違いして遊びに連れて行ってくれることでしょう。

あなたの小悪魔のような心理操作にも気づかずに…。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は理系男子についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】