付き合うと「冷たくなる男」の共通点4つ!



釣った魚にエサをやらないといったような感じで、捕まえた女の子に対して冷たくしてしまう男性も多いです。

正直なところ、こういった男性は世の中にはかなり多い。

そこで今回は、筆者自身の経験と、周囲の女友達からのアンケートをベースにまとめていきます。




■自己中心的

自己中心的な男性は、付き合うと冷たくなるタイプであることが多いですね。

自己中心的な男性はグイグイ引っ張っていってくれるタイプが多いので心強いような気がします。

モテやすい男性も非常に多いのが現実ですが、反面女性に関しては「最初だけ」といったケースが多いもの。

自己中心的な彼よりも、実は優柔不断気味の彼とのほうが長続きしやすいものです。


■とにかく「女好き」

とにかく女好きの彼。

これはあなたと関係を持った瞬間、次の女にターゲットを向けている可能性がありますね。

正直なところ、女好きの男性にロクな男性はあまりいなかったりもします。

しかし、逆に彼の浮気さえ許してあげることが出来るなら、あなたのことを大切にしてくれやすいのもこのタイプ。

とはいえ、いくらなんでも浮気を許すのは厳しい…といった方が多いので、やはり避けた方がいい相手ではあります。




■「自分はモテる」と自覚してる

自分はモテると自覚している彼は、あなたと関係を持ったあとはすぐに次の女を「落とし」に行きたくなる傾向があるようです。

バンドマンなどにはこのようなタイプが多いですね。

バンドマンにはろくな男がいない、というのは、こういったタイプの男性が多いからなのかも。

自分はモテると自覚している男性は、正直言ってかなりタチが悪いといえます。


■サプライズが嫌い

本当に好きな相手になら、喜ばせるためのサプライズもしてあげたい!と思うもの。

しかしサプライズが苦手、あるいは嫌いな彼は、新鮮味を維持しようとする意識が薄いのです。

新鮮味を維持しようとしないのであれば、いつの間にか関係が冷えきってもおかしくありません。

こういった男性は「避けろ」とは言いませんが、女性側がサプライズを企画する必要があります。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は付き合うと「冷たくなる男」の共通点4つをまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】