毎日パートナーに「ありがとう」を言うべき4つの理由!

a0003_000491


「ありがとう」という言葉は魔法の言葉であるのはみなさんご存知の通り。

そこで今回は彼に「ありがとう」を言うべき4つの理由をまとめました。

何かしてもらったから「ありがとう」ではダメなんですね!




■「ありがとう」と思わなかったことを後悔しないように。

相手が隣に居てくれることは当たり前のことではありません。

何が起こるかわからない世の中ではありますから、明日、大きな事故や災害にみまわれてしまうことだってありえるのです。

その時きっとこう思うでしょう。

「あの時は幸せだったんだ」

そんな後悔をしてしまう前に、あらかじめ「ありがとう」と思う習慣を付けておきたいものです。

なんでもない日に感謝することで、なんでもない日に感謝出来なかった後悔をしなくて済みます。


■自分に対するいましめとして。

感謝の気持ちはいちばん忘れてしまいがちなものです。

一緒にいることによって、それが当たり前になってしまいます。

しかし、それを忘れてしまうと小さなことで喧嘩になったりしてしまうのです。

「ありがとう」と言う時は、「小さな感謝を忘れないようにする」といった自分へのいましめにもなります。

出来るだけ多く、「ありがとう」と言えるタイミングを探しましょう。




■ありがとうと思える人間であることを相手に伝えるために。

言葉というものは非常に不完全な存在です。

自分で伝えたと思っていても、相手に伝わっていないことなんてザラにあります。

そのため、思っていることと伝わっていることがイマイチ違う…というケースが生まれてくるのです。

ありがとう、の気持ちにしても同様。

きちんと日頃からありがとうを伝えることによって、「あぁ、感謝の気持ちを忘れないように気をつけている子なんだな」と思ってもらえるでしょう。


■いいことづくめの「ありがとう」

プレゼントをもらったからありがとう。

肩を揉んでもらったからありがとう。

確かにそういったケースでありがとうと言うのは大切なんですが、必ずしもその場合しか言ってはいけないわけではありません。

毎日を幸せにギクシャクせずに過ごすコツとして、お互いにありがとうと言い合う習慣を付けるのは大切なことだといえるでしょう。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は毎日パートナーに「ありがとう」を言うべき4つの理由をまとめました。

感謝の気持ち、忘れずにいたいものですね。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】