「飽きた」彼の残酷な一言に愕然…彼の心理とは?

nayami


大好きな彼で2年も付き合ったのに、「飽きた」の一言で別れに…。

そんな残酷な経験をしたことはありませんか?

もしなかったらあなたは幸運かもしれません。

世の中にはこのような理由で振られることもあるのですから。




■「飽きた」という男性の心理

「飽きた」という男性の心理はどのようなものなのでしょうか。

生物学的に見ると、男性は色々な女性と子孫を残したいと思うのが普通の感覚なのだそうです。

よって、浮気をしない男性のほうが不自然で、浮気をする男性のほうが正常なのだとか。

と、なってくると、男性は女性に「飽きるもの」なのだと思います。


■では対策はないのか?

だとしても、こんな理由で振られるなんて納得がいきませんよね。

それでは対策はないのでしょうか。

いえ、ある程度までは対策次第でなんとかなったりすることもあるものです。

それでは対策を見ていきましょう。




■カレカノ関係から人間関係へ。

これが最も有効な対策。

女性として飽きても、人間として一緒にいないのは考えられない!と思わせるのが最もベストです。

夜の営みは減るかもしれませんけど、人間として共に歩んでいきたい!と思ってもらえれば、「飽きた」というのは別れる理由にはならないのです。

つまり、女子力ではなく、人間力で勝負していく必要があるのかもしれません。


■付き合う前は女子力、付き合ったら人間力へ。

付き合う前は女子力を使って夢を見てもらって付き合うのもいいと思います。

しかし、あなたにもし人間力が無かったら「飽きた」という理由で、他の種類の女子力を持つ女性のところに逃げていってしまうかもしれません。

人間力での勝負はカレカノ関係になってからが本番。

付き合ったからといって気を抜かず、人間力を磨いていく必要があると言えるでしょう。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は「飽きた」という衝撃的発言とその心理、そして対策をまとめました。

しっかりと活かして飽きられない人間になれるようにしましょう!
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】