「相当かわいい女子じゃないとキツいな…」と男子が思うシチュエーション!

talk


色々なところでモテテクニックやモテ仕草が取り上げられていますが、これは本当に真実なのでしょうか。

中には「相当かわいい女子じゃないとキツいな…」と男子が思うシチュエーションもあります。

そこで今回はそのあたりをまとめていきます。




■ぶりっこ!

可愛いと思える女性じゃないかぎり、ぶりっこをされると逆にイラっときてしまう男性も多いようです。

頬を膨らませてみたり、上目遣いをしてみたりしたとしても、可愛いと思われていなければ「何やってんだコイツ・・・」と思われて終了。

手厳しい意見かもしれませんけど、この状態はかなり切ないですよね。

ちーん、という状態になってしまわないように気をつけましょう!


■露出!

今にも下着が見えそうな露出ファッションをしているのも、男性としては判断の対象になるところ。

可愛いと思われていないと、「なんだこれ・・・」といった目で見られるケースもあります。

しかもそういう目で引いてみているにも関わらず、露出してる女子側としては「私の太ももに見とれてるのねフフフ」などと勘違いしているケースも。

もしかしたらその太ももに当てられている視線は、冷めた視線かもしれません。




■原宿系!

きゃりーぱみゅぱみゅのような、目玉デザインなどは、可愛い子がやるからギャップが際立つのであって、そうじゃない子がやってしまうと「たんなるキモファッション」になってしまいがち。

男性は特にファッションに関しては冷めた目でみている人が多いです。

あなたがきゃりーぱみゅぱみゅになりきったつもりでも、男性にとっては「ちーん」かもしれません。

原宿系は危険なのでうまくバランスを取って取り入れるくらいにしたほうがいいかもしれませんね。


■極彩色!

完全に極彩色の服も、よほど可愛くない限り「何者!?」と思われてしまうかも。

男性も極彩色ピンクや、炸裂するような鮮烈な赤などはイケメンでないかぎりキツいでしょう。

女性も同様で、あまりにも強烈な色の服を着ると、知らないうちに引かれていることもあります。

このあたりは自分ではなかなか気付かないこともありますので気をつけましょう。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は「相当かわいい女子じゃないとキツいな…」と男子が思うシチュエーションをまとめました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】