チリツモで別れの原因に…?いつの間にか別れたくなる4つのポイント!

a1640_000395


日頃は仲が良いカップルでも、チリツモのストレスで信頼は失われていくもの。

毎日ラブラブだったとしても、2ヶ月、3ヶ月に1回といったペースで以下のような症状が出てきた場合、いずれ別れる可能性が高まってしいます。

早めに手を打って関係の改善をしなければいけませんね!




■八つ当たり!

絶対にやってしまってはいけないのは八つ当たり。

生理前でイライラしているから…などという時にはつい八つ当たりしたくもなります。

しかし、それは八つ当たりをしても良い原因にはならないものです。

彼としては生理前にイライラしやすいのも理解しようと努力しているはず。

その努力を無にする行為は控えなければ別れの原因になりかねません。


■無視!

自分がイライラしているからといって、相手を無視するのも論外!

自分は自分、相手は相手なのですが、無視をすることでそもそも相手の存在が”無かったこと”になってしまいます。

無視をされた側としては、「あ、そう、いなくてもいいのね?」と思われがち。

これは別れの原因になることが非常に多いので気をつけましょう!




■揚げ足をとってくる!

何を言っても揚げ足取りをしてしまうこと、ありますよね。

イライラもしていたら仕方がないこと。

だとしても、これも彼の考える限界ラインを超えてしまっては嫌がられてしまいます。

いくら好きでも気持も冷められてしまうかも…。


■自己中すぎる!

自分は相手を思いやり、相手は自分を思いやり…、といった関係が恋愛においてはベスト。

しかし心理的な話をすると、相手が思いやってくれると、その思いやりに甘えてしまいがちになります。

そうすると、”相手は自分のために、自分は自分のために”というスタンスになってしまいます。

このスタンスはまさにジャイアン。

「おまえのものはおれのもの、おれのものはおれのもの」と言った感じですね。

しらないうちにジャイ子にならないように気をつけましょう!




■おわりに

いかがでしたか?

今回はチリツモで危険な4つのシグナルについてまとめました。

うーん、やってしまいがちなことばかりですからきをつけましょうね!
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】