「この女、手に入ったな」と思わせてしまうケース4選!

a0002_006291


男性の頭には人間的・理性的な部分と、「動物的、本能的」な部分の両方があります。

これによって、より多くの女性と付き合いたいと考える方が大半です。

たくさんの女性と子供を残したほうがいい、という遺伝子的な問題なんだとか。

なので、恋愛において男に「この女、手に入ったな」と油断させてしまうのは良くない、ということです。




■好き好きオーラの出しすぎ

好き好きオーラの出し過ぎは男性は特に嫌うようです。

とくにモテる男性は、好き好きオーラを出され続けると、「また好き好き病か・・」と思うくらいだとか。

恋愛以外に他にないのかよ!と思われる行動は控えるべきなのかもしれませんね。

好き好きオーラの出し過ぎも要注意!


■他の男友達がいない

彼一人に絞り過ぎることで、彼の心を安心させてしまいます。

安心するのはいいことなんですけど、付き合う前からこれをやってしまうと、彼氏側に追いかける楽しみがなくなってしまうわけです。

女性も付き合う前にキュンキュンタイムを楽しみたいですよね?

それと同じ心理が男性にもあるのです。




■なんでもいうことをきく。

予定を合わせるどころか、「誘いがあるかも」という甘い期待によって、無理に予定を明けておくパターン。

彼の時間などに合わせすぎると、自分のために出来る女子力投資が激減してしまったりしますから気をつけましょう。

また、相手のいうことを聞きすぎることで、男性も満足してしまうことがあります。

ちゃんと付き合うまでは気をつけましょう。


■体の関係になる

これは論外ですが、付き合う前に体の関係になってしまうと、彼はかなり満足してしまいます。

むしろ男性からしてみれば理想の展開なんじゃないでしょうか。

男性の狙いはできるだけ付き合わずに工ッチだけすることだと思ったほうが無難です。

ちゃんと付き合って、そのうえで体の関係になる方がいいでしょう。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は「この女、手に入ったな」と思わせてしまうケース4選をまとめてみました。

もしかしたら知らず知らずのうちにこう思わせてしまっているかもしれませんので気をつけましょう!
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】