女子力を上げると個性が下がる?本当にモテるためのポイント!

a0002_010228


女子力を調べる調査サイトはいっぱいありますし、雑誌などを見ると、ほんとうに参考になることが色々書いてありますよね。

しかし、女子力を上げようと躍起になると、個性が下がってしまうことがあるのです。

そこで今回は”正しい女子力との付き合い方”を調べてみました。




■なぜ個性が下がるのか?

女子力を磨く、というのは悪いことではありません。

しかし、色々な雑誌を比較してみてください。

だいたい同じことばかりが書かれていることに気づくと思います。

これはファッションなどの流れがある程度予め業界で決まっているからだと言われています。

なので、ファッション誌を参考にすると、みんなと似たようなファッションになるわけです。


■モテるためには差別化が必要

モテる、というのは、他の女子と比べて魅力がずば抜けて高い時に起こる現象。

ということは、他の女子と同じようになってしまっては、モテなくなってしまうわけです。

ファッション誌を見て勉強するのも大切なんですが、その中に個性を忘れないようにしなければなりません。

オンリーワンになるためには、情報を取り入れることも大事ですが、捨てることも大事なのです。




■そこで大事なのが・・・

ファッション誌を読んで、センスを磨くことは大切です。

しかし、個性を出さなければモテに繋がるわけではない、ということがわかりました。

そこで意識したいのが”ワンポイントの工夫”です。

全体的にはファッション誌のコーディネートにするものの、どこかワンポイントに違和感のあるアクセサリーをつけてみるなどの工夫をしましょう。


■違和感=気になる

違和感とはなんだかマイナスなイメージのある言葉ではありますが、それは”注目”を集めるためにはかなり効果的!

違和感がない=スルーされる、ということになりますから、違和感があるのは良いことだといえるでしょう。

全身に違和感を出してしまってはさすがに気になるではなく、引かれるになると思いますから、上手に女子力を磨き、磨いた女子力の中に違和感をブレンドするテクニックを身につけましょう。

そうすることでモテる確率は格段にアップします。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は女子力と個性の関係について調べてみました。

ファッション誌や多くの情報とうまく付き合っていきたいものですね!
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】