NOとは言わせない!失敗せず意中の相手をデートに誘う4つのテクニック

a0002_007011


好きな人をデートに誘うのはとっても勇気がいりますよね。

しかも勇気を出して誘っても断られてしまう事も・・・

実は、心理的な駆け引きを使うと失敗せずに難なく相手をデートに誘えちゃうんです!

その方法とは!?




■先に小さなお願い事をする

デートに誘いたい時は、最初に絶対にOKがもらえるようなお願い事をしましょう。

一度頼み事を聞いてしまうと人は次の頼み事が断りづらくなるのです。

「○○貸してくれない?」「少し手伝ってくれない?」とお願いをしてから、「そのお礼にご飯おごらせて!」とデートに誘えば、相手もすんなりとOKしてくれるでしょう。


■一度大きなお願い事をして断られる

さっきとは逆に、大きな頼み事をしてわざと断られてからデートに誘うのも有効的な方法です。

一度断ると人間関係の良好さを保つために、次に断りにくくなるのです。

例えば、「うどん食べたいから香川県行こうよ」と冗談っぽく誘って、

相手が「いやいやそんなに遠くは無理でしょ」と言ったら、

「じゃあ、近くに美味しいうどんのお店があるからそこ行こう!」と返すのです。

すると相手は「そこならいいよ」と思わずOKを出してしまうでしょう。




■理由をつける

唐突もなくいきなり「どこどこ行こうよ」と誘われても、「なんで?」と不信に思ってしまいますよね。

誘われている理由がわからないと警戒心や不信感を持ってしまうのです。

「この映画見たいんだけど、誰も一緒に見てくれなくて・・・」などというようにそれらしい理由をつけると一気に誘いに正当性が出てきます。

相手も理由をつけられると「それなら仕方ない」と誘いを承諾しやすいのです。


■小さなイエスで誘導する

デートの誘いに「イエス」と言わせたいのなら、コツコツと小さな質問を積み重ねて誘導していきましょう。

「最近ほんと暑いね」

「そうだね」

「なんか冷たい物食べたくない?」

「食べたいね」

「なら、最近いいお店見つけたんだ!一緒に行こう」

という会話で誘導すれば、相手はさんざん「うん」と言ってきたので、断る事ができなくなってしまうのです。




■おわりに

気になる相手をデートに誘う時は、相手が断りにくい状況を自分で作っていけばいいのです。

また、「それくらいならいいかな」と誘いのハードルを下げるのもポイントです。

大切なのは、相手が誘いに乗りやすくなるような誘い方をするという事なのです。
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】