愛がどんどん冷めていく!?彼氏に言ってはいけないNGワード

rabbit


こんにちわ♪

皆さん今付き合っている人はいますか?
大好きな彼氏がいる!という方もいらっしゃる思います。

そんな大好きな彼に言ってしまうと、愛がどんどん冷めていってしまう言葉があるのをご存知でしょうか?
今回は、そんな恋愛においてのNGワードについてご紹介します!




■1.「私のこと好き?」

「私のこと好き?」と聞くと、「好きだよ」と答えなければいけないので、彼はその言葉に対して“義務感”を感じてしまいます。

毎回「私のこと好き?」と聞かれると、彼はしんどくなってしまいます。
そんな質問をして「嫌い」というわけがないのに聞いてしまう女性は、余裕がないように見えてしまいます。女性でも男性でも少し余裕がある人の方が、魅力的に見えますよね!

ただし疑問系の「好き?」はNGワードですが、「好き!」という肯定系であれば、全然言ってもOKです!


■2.「どっちでもいい」

相手がする質問に対して、「どっちでもいい」や「なんでもいい」と答えてしまうと、相手に関心がないように伝わってしまいます。相手に関心がなくなる時点で、その関係は終わりです。

もしあなたが、彼のことを大好きなのであれば、どんな質問に対してもそのような返答をしないようにしてください。

たとえ「今日の和食と洋食どっちにするー?」という日常的な質問であっても、「どっちでもいい」と言わずに、きちんと和食か洋食か答えてください。




■3.「それくらいやってよ」

彼に物を頼むときは、言い方に気をつけましょう。
この言葉を彼に言ってしまうと、「デキない奴」という意味合いが伝わり、非常にわだかまりが生まれてしまいます。

「やってくれると嬉しいな」という優しい言い方に変えましょう。
また、頼みごとをやってくれたらきちんとお礼を言うようにしましょう。

“男だから、これくらいやってくれて当たり前”という考え方でいると、彼はどんどん冷めていってしまいますよ!


■4.「まいっか」

「まいっか」は、妥協した感じが相手に伝わってしまう言葉です。
「まいっか」と思っても声に出さないのが得策です。

日常生活でよく使ってしまいがちな言葉の一つですが、言われると結構ショックを受ける意外に危険な言葉かもしれません。

言葉は選んで口にしましょう!




■おわりに

いかがでしたか?

この4つのNGワードには気をつけてくださいね!
 

お気に入り!


あわせて読みたい