習い事の先生を好きになってしまった…止まらない恋心の抑え方4つ

merrygoland


習い事の先生を好きになってしまったことはありません か?

レッスンに行く度にドキドキ…。伝えたいのに伝えられないこの想い。

気持ちを伝えてレッスンができなくなってしまうのはイ ヤ…!

先生に対する止まらない恋心の抑え方4つを紹介します。




■1.習い事以外の事を充実させる

人を好きになるってとってもすてきな事です。

週に1回の習い事までの時間、先生に会えるまでの間がキラキラした気持ちになって、気がついたら仕事もプライベートもとても楽しみながら励めている人も多いのではないでしょうか。

習い事以外の部分を充実させることでヒートアップする思いを抑えることができます。


■2.無理に恋心を抑えようとしない

好きな気持ちは止められません。

無理に抑えようとすればするほど好きという気持ちが強くなってしまいます。

これはもう、自分ではどうにもできないことなのです。

だから流れに任せましょ。

習い事を一生懸命にしていれば先生だって好感をもってくれるはず。

自分の良いところをアピールしながら成り行きを見守るつもりで「好き」という気持ちを味わいましょう。




■3.告白した後の事をイメージしてみる

何度も好きって伝えられたら、と思いますよね。

でも、

「告白したとしてどうなりたいのか。」

「上手く告白したとしても気まずくなるかも、習い事はどうなってしまうのか」

などと、頭の中をぐるぐるさせてイメージしているうち に、「今はまだ、この感じが心地よい」「先生に教えてもらえるだけで幸せ」と思えるようになってきます。


■4.先生に釣り合うように自分を高める

先生はその道のプロです。

だから、自分も先生に釣り合うように「これだけは」と思うものを熱心に取り組んでみる。

もちろん先生から教わっている習い事でも良いでしょう。

他の事で、「これだけは譲れない」という事にこだわってみるのも自分をどんどん高められます。

自分に自信がついてくると、表情もたたずまいも輝いてきます。

習い事の時だけに会える、先生の方もいつしかあなたにドキドキしているかもしれませんよ。




■おわりに

いかがでしたでしょうか。

今先生への伝えられない想いで悩んでいる方も、その抑えている気持ちは後になって必ず良い形で還ってくると思います。

今は好きという気持ちを楽しんで。

もしも恋心を抑えられなくて辛いときは、この4つの恋心の抑え方を思い出してくださいね。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】