デートを楽しんだら…相手に「また会いたい」と思わせる 方法4つ!

mountain


デートの最後に考える、「また、会えるかな」。

どうせなら、自分からよりも相手から「また会える?」と言ってほしいものですね。

デート中に相手に「また会いたい」と思わせる4つの方法を紹介します。




■1.容姿よりも、「話しやすいかどうか」

男性が最後に女性を「また会いたいか」と思う判断は、容姿よりも「話しやすかったかどうか」なんですって。

つまり、「一緒にいて楽しい、幸せ」と思える女性なら、彼はまた会いたいということ。

清潔感やさわやかさなどはもちろん大切ですが、それにプラスして「話しやすい=一緒にいて心地よい」が加わると、「また会いたい」と思ってもらえるんですね。

これは、会話を楽しむことで、そう思ってもらえそうで す。


■2.ポジティブな話題を選びつつ、「次はここに行きた いね」と次のことを想像させちゃう

話題は趣味や最近面白かったことなど、ポジティブな話題を選びましょう。

ポジティブな話をしていると、お互いに気持ちがワクワクしてくるもの。

そこで、「ここ、気になるんだよね」「ここ、次行ってみたいね!」という話が出てくると、自然と次のデートもあるんだ!と相手も想像できちゃいます。

コツは、会話を楽しみながら、自然な流れで使ってみてくださいね。




■3.「帰らなきゃ…」と言いつつ、「まだ一緒にいた い…」を伝える

そろそろ帰る時間。

「今日はありがとう!とっても楽しかったよ!」ととびっきりの笑顔で明るく伝えたら、帰り道の途中で寂しそうな 顔をしてみましょう。

ときどき、寂しそうに微笑むのがポイント。

彼の背中に向かって、「もう少し一緒にいたかったな」と伝えるのも彼をドキドキさせます。

まだ一緒にいたい…と仕草や言葉で伝えることで、「また会いたい」と言ってもらいやすくなります。


■4.いつまでも見送る、すぐにお礼メールも送る

彼と別れる時、姿が見えなくなるまでいつまでも見送る か、時々振り返って彼に小さく手を振ると「この子はもっと自分と一緒にいたいんだ」と思ってもらえます。

家に着いたら「今日はすっごく楽しかったよ!」とお礼 メールを送りましょう。

一緒にいて楽しかったり笑い合ったシーンをメールに盛り込むと、彼も楽しかった瞬間を思い出して、「またこんな楽しい思いをしたい」とあなたをデートに誘いやすくなります。




■おわりに

いかがでしたでしょうか。

どうやら、会話を楽しむことや、彼に気持ちを素直に伝えることが「また会いたい」と彼に思わせるようですね。

この4つの方法で、ぜひ、次のデートにもつなげてくださいね!
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】