たまには怒られたい!怒られたい願望に隠された女性の4つの心理

brazil_p


普段は優しい人が好きだけど、怒られたくなる時もある!というのが女性の本心です。

女性は恋人から怒られる事で何を得ようとしているのでしょうか?

今回は女性の「怒られたい」という気持ちに隠された心理を読み解いていきましょう。




■大切さが伝わる

怒るという動作は非常にエネルギーを使う事ですよね。

そんなエネルギーを使ってまで怒るという事はそれだけ相手に期待していたり、大切に思っているからこそなのです。

女性は心配をかけた時に恋人に怒られると「怒るくらい私の事を心配してくれている」と感じるのです。

いかに自分を大切に思っているかを怒るという行為で感じ取ろうとしているのです。


■真剣さの証

怒る時にヘラヘラ笑いながら怒る人っていませんよね。

真剣に相手の事を考えているからこそ本気で怒れるのです。

いつもは何でも許してくれる彼氏や普段はチャラチャラしている彼氏が二人の関係に問題が生じた時に本音を言わなかった事や我慢していた事について真顔で怒ってくると彼女は「それだけ私との事を真剣に考えてくれている」と安心できるのです。




■独占欲を感じる

あまりにひどい束縛は考え物ですが、女性の中には「彼に独占されたい」「ヤキモチを妬いてほしい」という気持ちが大なり小なりあります。

他の男性と楽しく話している姿や合コンなどに行った事に対して、ヤキモチを妬いて愛情表現してほしいと思っているのです。

他の異性との付き合いに関して彼氏が怒ってくれるとそれだけで女性は大きな愛情を感じる事ができるのです。

しかし、やり過ぎはかえって嫌われる原因になるので、怒るのもほどほどにしておきましょう。


■怒られないと無関心だと感じる

あなたはどうでもいいと感じている人に対して本気で怒りますか?

人は無関心な相手に対しては怒りを感じません。嫌悪感や愛情を感じるからこそ怒るのです。女性はその事を敏感に察知します。

何をしても恋人が怒らず、許してくれると「私には関心がない。怒ってくれもしてくれない」と感じてしまうのです。

女性がわざと喧嘩を吹っかけたり、ヤキモチを妬かせたりするのは、怒ってもらう事で「自分に対して関心がある」「愛情を持ってくれている」と安心したいからなのです。




■おわりに

何でも許してくれる器の大きな男性はモテるようでモテません。

優しくする時は優しくし、怒る時は怒るといったアメとムチを上手に使い分ける男性こそが女性のハートをがっしり掴んで離さないのです。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】