実はみんな食べてる!「白い麻薬」とは!?

dish


皆さん「白い麻薬」と言われている食べ物って知っていますか?

実は、「白砂糖」のことなんです!

今回は「白い麻薬」と呼ばれているワケについて、お話いたします。




■とり過ぎるとカルシウムを奪う!

なんと、白砂糖を摂取しすぎると、骨や歯に蓄えられているカルシウムを奪うそうなんです!

麻薬と同じで、骨や歯がボロボロになってしまうのですね・・・恐ろしい!


■ガンになりやすくなる!

白砂糖は、ガンの発生を抑制するカルシウムを奪ってしまうので、ガンを誘発しやすくします。

また、白砂糖を食べ過ぎると悪玉菌が増えるので、さらにガンになりやすくなります。




■疲れやすくなる!

「甘いものを食べると疲れがとれる」とよく言いますが、実は逆なんです!

白砂糖をとり過ぎると、無気力になったり、逆に疲れやすくなってしまうので要注意です。


■お肌によくない!

白砂糖のとり過ぎは、お肌によくありません。

湿疹やアトピーを悪化させる原因とされています。
肌が元々弱い人は、要注意です!

オーガニックのシロップや、ハチミツに変えるようにしましょう♪




■おわりに

いかがでしたか?

「白砂糖は、白い麻薬。」というのは、言い過ぎではない気がしますね!
なんでもそうですが、摂取しすぎはやめましょうね♪
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】