いったい何者?!いま流行している「こじらせ女子」の正体って?

rabbit


今、ドラマの影響もあって流行している「こじらせ女子」。

基本的には「自分の女子力に自信が持てない」「恋愛にオクテ」「自分を好いてくれる人さえ疑ってしまう」なんていうちょっと自信のない臆病な女子が当てはまるようです。

あなたにも心当たりがあるのではないでしょうか。

今回はこの「こじらせ女子」にならないためにできることについてご紹介します。




■1.自分が「女性である」ということを認める!

意外とできていない人が多いのですが、これってすごく大切なことなんです。
「私、こじらせ女子かも…」と思った人は自分が「女性である」ということを認めてみることから始めませんか。

女性であることを認めるというのは、こじらせ女子にとっては少し恥ずかしいことかもしれません。
今まで「お金がないから…」と後回しにしてきた美容やファッションも、女性なんですから興味があって当然なのです。

自分の女性らしさを認めてあげることで少しずつ呪縛から解き放たれていくことでしょう。


■2.「女子力高いね」と言われることを頑張ってみる!

どうも自分の女子力に自信が持てないのがこじらせ女子。

人はどうしても他人からの評価を取り入れて自己評価を作ってしまうので、自信をつけるには他人から褒められることが手っ取り早いのです。

自分が自信の持てるところを伸ばしていきましょう。
何か一つでも自信が持てるものがあるだけで人間は変わってくるものですよ。




■3.恋のメガネをかけてみる!

恋になんとなく臆病だったこじらせ女子は、まず男性を恋愛対象として見えていないケースが多いもの。

自分で恋のメガネを通して男性を見てみることから始めましょう。
たとえば、男性を見るたびに「わたし的にはアリかも」「あの人はちょっとないかな」と、好きになる相手として評価をしてみるのです。

ちょっと失礼じゃない?と思うかもしれませんが、意識的にそういう目で見ているだけで今までなんとも思っていなかった人が恋愛対象に入ってきたりして世界が変わっていくのを実感できるはずですよ。


■4.女子力の基礎、「美容力」を磨く!

恋をするにしろ仕事をするにしろ、女性は美しくて損をすることはありません。

美容は女性にとって必修科目のようなもの。
「何からしたらいいかわからない」と言う人はまず自分が美しくなることを一番に考えましょう。

モデルさんや女優さんなどで目標となる人を探すと目指す方向性が定まりやすいでしょう。
自分に合った化粧品を探したり、似合うメイクを探すのもとても楽しいですよ。




■おわりに

こじらせ女子は寂しい気持ちになることも多いですが、とても楽な生き方なんですよね。

女性として頑張らなくていいのでその点に甘んじているケースも多く見受けられます。

しかし、ここからスタートだと思って一度頑張ってみませんか?大逆転が待ち受けているかもしれませんよ。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】