タレる!おっぱいを支える線が切れると危険!絶対にしてはいけないNGな行動

mizugi


張りのあるきれいなバスト・・・女性なら誰しも憧れますよね!

将来、胸が垂れないか心配な方も多いと思います。

胸には支えている線状のものがあるのをご存知ですか?
それが切れると、大変なことに!!

キレイなバストを保つために、絶対にしてはいけないことをまとめてみました!




■そもそも「おっぱいを支える線」とは?

ズバリ「クーパー靭帯」のことです。

クーパー靭帯とは、伸びたり縮んだりバストの形を保ってくれる大切な存在。

胸に張り巡らされた、引っ張るゴムのようなものです。


実はこのクーパー靭帯、切れると二度と再生しないんです!!!


■揺らすと切れていく!

このクーパー靭帯、胸を強く揺らすとブチブチと切れるんです。
強い力を与えるのもNG。

激しいランニングやダンスをすると、切れていきます!


そういう時は、スポーツブラをしましょう。
揺れを減少してくれます♪




■寝るときも要注意

夜用ブラをしないで寝ると、胸の形はどんどん崩れていきます。

イメージとしては、胸に入っている水が流れていく感じ!

夜用ブラは必需品ですね♪
ちなみに普通で寝るのは、胸が圧迫されて寝にくいのと血流が悪くなるので、おすすめできません。


■胸周りの筋肉ないと垂れやすい

胸の周りに筋肉がないと垂れやすくなります。

エクササイズで胸周りに筋肉をつけましょう♪

激しい運動はクーパー靭帯が切れるので、ゆっくりと時間をかけて筋トレをするスロートレーニングが効果的です。
バストアップにも効くので、ぜひスロートレーニングに挑戦してみてください♪




■おわりに

いかがでしたか?

クーパー靭帯、切れると二度と修復しないなんて怖いですよね!

ぜひ参考にして、美バストをGETしましょう♪
 

◆ポイント!!◆
食べ過ぎ太りが気になる方にはコチラのダイエットが秘策です!


お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】