作戦勝ち!復縁のために別れ際にすべき4つの仕掛け!

a0002_005725


大好きなカレに突然別れを切り出されたら・・・あなたは一体どうしますか?

当然、別れたくないとカレに伝えるでしょう。もしかしたら泣いてすがる人もいるかもしれません。

しかし、二人の将来のことを考えるとどちらも賢明な判断とは言えません。

そこで今回は、将来的に復縁したいカレとの別れ際にできる4つのことについてお伝えします。




■1.別れを冷静に了承する

別れを切り出されたら冷静に理由を聞いて、一旦了承してしまいましょう。

理由を聞いても感情的にならないよう抑えて、できるだけ平静を保って。コレが後で効いてくるのでここはしっかり演じきってください。

男性が別れを切り出すとき、よほどの相手でなければ「いやだ、まだあなたが好きなの!」という展開をぼんやり期待しているものです。

でもそこであっさり了承されると、「オレって愛されてなかったのかな?」と逆にモヤモヤさせることができるのです。


■2.最後は泣かない

復縁狙いの場合は、別れるときカレを安心させないことが非常に重要です。

別れを切り出されて泣きたくなる気持ちはよくわかりますが、そこはこらえてください。泣いてしまうと「やっぱりオレのこと好きだったんだな」とカレを安心させてしまいます。

もし泣いてしまったとしても、「いろんなことがあったからちょっと寂しいけど分かったよ」などと明るくほほ笑んで切り返しましょう。

別れの間際に笑顔を見せられると、カレはぐっと手放すのが惜しくなるはずです。




■3.友達に戻ることを望む

ただ別れてそれでおしまい・・・というよりは、「友達に戻る」ことを念頭に置いて話し合いを進めましょう。

なので、別れ話がこじれると最悪です。もう二度と会いたくない相手だと認識されると、復縁の可能性は限りなく小さくなってしまうので要注意。

友達に戻るから連絡先は消さない。SNSの繋がりも残したままにしておく。この二つが復縁のカギになってきます。

復縁を仕掛けるときには少し時間を置いて連絡することになると思いますが、そのときに連絡先を消した相手から連絡が来て気味が悪いということにならないように、連絡先は残しておいてくださいね。


■4.お別れデートをする

最後にいい思い出で締めくくるために、お別れデートをしましょう。

この話に持っていくためにも、泣いてすがったり感情的になるのは禁物。「わかった」と冷静に承諾したうえで、「最後に一つだけお願いがあるの」と切り出すと、カレも「いいよ」と言ってくれるはずです。

最後のデートは思い切り楽しみましょう。カレが別れようと思ったことを後悔させるくらいに。

最後の最後も笑顔で手を振って一旦別れてください。最後のデートから帰ったとき、カレの心にじんわりとあなたと別れたことに対する後悔が芽生えてくるはずです。




■おわりに

いかがでしょうか。

復縁にはコツがあります。復縁の可能性を握るのは「別れ際」ですから、感情的になりすぎず虎視眈眈と復縁のための作戦を整えてくださいね。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】