もう立ち直れない!?男がへこむ一言4選!

a0003_001672


言ってはいけない一言ってありますよね。

この一言で百年の恋も一気に冷めてしまうような・・・、彼のことが大好きな方にとっては考えるのも恐ろしいことです。

でも逆に、もう彼に愛想を付かしているのになかなか別れてくれなくて困っている場合は、この一言を利用できると思いませんか?

今回は、彼の自分への気持ちを無くさせて円満にお別れしたいと考えているあなたのために、「男の気持ちを一瞬で萎えさせる恐怖の一言」を4つご紹介したいと思います!




■「あなたの気持ちって重い」

「気持ちが重い」という一言は女性の方が言われがちなものですが、もちろん男性の中にも“重い人”っていますよね。

そして自分の気持ちを「重い」と言われてショックなのは男も女も同じ。

しかも男性がこれを言われると、「=女々しい」ということになりますので、ショックは倍増です。

心から疲れたように「重い・・・」と言ってやりましょう。


■「つまんないね」

どこがどうという具体的なことは言わずに、ただ「つまんない」と言ってみましょう。

そう言われた彼は、「俺の何がつまらないんだろう?」なんて悶々と考えこんでしまうこと必須です。

どんどん思考がネガティブな方へはまっていき、逆ギレ的に「そんなこと言ってくるお前とはもう別れる!」と言ってくれるでしょう。

「どこがつまらないの?」と聞かれても、かたくなに「うーん、なんとなく・・・」なんて誤魔化すことがコツです。




■「あなたって所詮こんなもんだよね」

男性は誰しもみんな、ビッグな男になりたいと願っているもの。

今上手くいっていなくても「いつかは俺も・・・」と思っているところで第三者から、「あなたはそこまでの人」と言われてしまっては立つ瀬がありません。

しかも、自分の味方でいてくれるはずの彼女からそれを言われてはダメージも倍増。

「将来性がない」と言っているのも同然な彼女と、これからも一緒にいたいと思う人はいないでしょう。


■「今まで言えなかったけど、あなたって下手」

これを言われてしまっては、男としての自分を全否定されたも同然です。

しかも、「今まで言えなかったけど」という一言が、長い間彼女に不満を抱かせていた自分への自己嫌悪に繋がります。

効果の大きいこの一言ですが、その分別れてからも長きに渡って彼を苦しめることになりかねないので、言うときは要注意です。




■おわりに

逆に、「彼のことが大好きなのに冗談でこんなこと言っていた!」という人は要注意。すでに彼の心はあなたにないかもしれません。

彼と別れたいあなたも、言われた方はどう思うかということに充分に注意して、ここぞという時にびしっと言ってみてくださいね。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】