これで彼もイチコロ!?上手なキスのねだり方4選!

a0002_008670


あなたはキスが好きですか?

付き合い始めたばかりの二人は、いつどのタイミングでキスをするかデートの度にドキドキしているかもしれません。

長く付き合っている二人は、なんだか当たり前になってしまったキスにちょっと物足りなさを感じているかも。

今回は、交際期間に関わらず男性が思わず“キュン”としてしまうキスのねだり方をご紹介したいと思います。

女性の方から上手にキスを求めて、彼をドキドキさせちゃいましょう!




■会話中にさりげなく彼をなでる

なでると言っても頭ではありません。

一番効果的なのは「手」。彼とお喋りしている途中、彼の目をじっと見つめながら手のひらをゆっくり撫でてみましょう。

あなたからのボディタッチにドキッとすると同時に、意味深な触り方であなたが彼に何を求めているのかは確実に伝わります。

逆に、太ももや二の腕を撫でるとガツガツいきすぎな印象を与えてしまうので要注意です。


■彼の唇を見つめる

ふっと会話が途切れて無言になったとき、彼の唇をじっと見つめてみましょう。少し恥ずかしいかもしれませんが、目を見つめるよりはハードルも低いはず。

唇をじっと見られて、キスをねだられていると気づかない男はいません。

目をうるうるさせて、少し照れながら見つめると効果はさらにUP!




■唇に視線を集める

「新しいグロスをつけてみたんだ~」と言って、さりげなく彼の視線をあなたの唇へと向けてみましょう。大切なのは、グロスの色でも香りでもなく、あなたの唇を見せることです。

付き合っている二人なのですから、キスしたくないと思っている男性なんていません。彼女の唇が視界に入れば、自然にキスをする雰囲気になるでしょう。

「この色どう?」と聞いてみれば、大半の男性は「かわいいね」と言ってくれるので、そこで勇気を出して「触ってみる?」なんて誘惑してみるのもアリですよ!


■思い切って自分からする

手を撫でても唇を見つめても唇を見せても何もしてこないくらい彼は鈍感なの・・・というあなた。

この際思い切って、自分から彼にキスしてみるのはいかがでしょう?

と言っても、肉食女子を全面に押し出してはいけません。頬を染めながら恥ずかしそうに、「ねえ、キスしよ?」と言って小首を傾けてみてください。

あくまで“恥ずかしそうに”おねだりするのがポイント!

長年交際しているカップルも、彼女のかわいい一面にドキドキすること間違いなしです。




■おわりに

勇気を出して、今回ご紹介した中のどれかひとつを試してみてください。二人の仲が、一歩前進するかもしれません。

上手にキスをねだって、かわいい彼女になってくださいね。
 

お気に入り!


あわせて読みたい