嫉妬とは相手を疑うこと!嫉妬しない女になるためのポイント4つ!

a0001_012480


あなたは自分を嫉妬深い方だと思いますか?

自分ではそんなつもりがなくても、いざ彼氏が怪しい動きを見せるとついカッとなって「浮気してるの!?」と問い詰めてしまったこともあるのではないでしょうか。

でも、いちいち些細なことに嫉妬するのってとても疲れますよね。下手をすると自分も彼氏もボロボロに傷つけて疲れさせてしまう結果になりかねません。

そこで今回は、あなたの中に眠る嫉妬心を少しでも和らげる方法をいくるかご紹介したいと思います。




■夢中になれる趣味を持つ

すぐ嫉妬してしまう人は、自分の心の9割以上を彼氏のことで占めてしまっています。ですからちょっとでも彼に関することで引っかかりができると、思考の全てをそれに奪われてしまうんですね。

そうならないためにも、何か彼氏以外のことで自分が夢中になれるような趣味を見つけましょう。

趣味に没頭するあまり、彼のことを考えていなかった!という時間を少しずつ増やしていってくださいね。


■あなたが思っているほど彼はモテない

嫉妬するのは、彼が浮気するのではないかと不安だからですよね?

けれど、浮気をするには相手が必要です。つまり、他の女が彼を「いい男」だと思わない限り、浮気を始めることはできません。

彼の恋人であるあなたは彼が世界で一番素敵な男性に見えているかもしれませんが、ほとんどの場合、彼もごく普通の一般男性に過ぎません。

嫉妬しそうになったら、「彼はモテない」と自分に言い聞かせてみてはいかがでしょうか。少し心が落ち着くかもしれませんよ。




■自分が嫉妬される場面を想像してみる

嫉妬深い人の中には、「彼が私に嫉妬してくれたら嬉しい!」という方もいらっしゃるかもしれません。

けれど、嫉妬しているということは、あなたの彼に対する気持ちを彼が疑っているということでもあります。そう考えると悲しくありませんか?

あなたの彼も、きっとあなたから嫉妬される度に同じように悲しんでいます。

つい嫉妬してカッと頭に血が上りそうになったら、一度彼の立場になって考えてみましょう。そうすることで、クールダウンできる部分もきっとあるはずですよ。


■疑うことで得られるものはない

先ほどもお伝えした通り、嫉妬するということは相手の気持ちを疑うということ。相手を疑っているような関係から、幸せを得ることなんてできるでしょうか?

お互いを疑っている二人より、信頼しあっている二人の方がより良い関係を築けることは明白ですよね。

疑心暗鬼にならず、彼を信じて笑顔の絶えない恋人同士になれるよう頑張りましょう。




■おわりに

つい嫉妬してしまうというあなたも、嫉妬したくてしているわけではありませんよね。

でも、そう思えるなら大丈夫。彼に対する自分の気持ちと、あなたを思ってくれる彼の気持ちを信じていれば、いつの日かきっと醜い“嫉妬女”から脱却できます。

お互いを信じてよりいっそう仲睦まじい恋人同士になってくださいね。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】