「コミュ症」でも大丈夫!男性に上手く話しかける簡単な4つの方法

a0002_007139


大学生活や新社会人などは特に出会いの場もたくさんあることでしょう。

しかし最近「コミュ症」の男女が本当に多い世の中です。

そんな方でも簡単に気になる異性に話しかける方法についてお話ししたいと思います。




■忘れ物をすれば大チャンス!

例えば教科書や大事な資料など忘れた時は好きな人に話しかける大チャンス!

自分が困っていれば必然的にどうにかしたいものですよね?

また、「彼<<<忘れ物」に頭の中がなっているはずですから、会話もいつもよりドキドキしないはず。

そんな時、友人にいうよりも気になる異性に「貸してほしい」とちょっと頼んでみては?


■道を聞いてみる

「道を聞く」という方法もいい会話の種の一つです。

例えば社会人だとして外回りに行く場合、道がわからない場合もあるはずです。そんな時は仕事関連の話ですから、相手も真剣に教えてくれるし自分も助かりますよね。

学生であれば、食堂までの道順や近くのコンビニの場所など彼に尋ねてみてはどうでしょうか?




■共通の知人と一緒に会話する

彼と二人っきりで話す・話しかけるなんて絶対無理!・・・というひともいるはずです。そんなときは、共通の知人も一緒にして会話をしてみることがおすすめ。

知人に「実は○○くんの事気になってる」と一言伝えれば、上手く助けてくれるかもしれませんね。

そばに助っ人がいれば、あなたも安心してお話しできると思います。


■SNS等を介して仲良くなる

SNSなどを介して、まず仲良くなっていくこともいい方法です。おなじ学校であれば、割とクラスの男女で全体的にフォローしあっている人も少なくありませんよね。

事前に勇気を出してアカウントを聞いたり、TwitterやLINEが難しい場合はFACEBOOKなどでもいいでしょう。

SNS上でコミニュケーションをとれば、徐々に話のタネも膨らんでくるはずです。

とにかく「話しの種」をつくることが全体的なポイントであることを覚えてくと◎




■おわりに

好きな人や気になる人の前ではドキドキして挙動不審になるのが嫌!そんな理由から全く話しかけない人もいますが、やはり「もったいない」の一言に尽きます。

工夫をすれば誰でも自然と会話をする事は出来るはずです!

今現在気になる人がいる人は、これらを参考にたくさん声をかけてみましょうね♪
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】