実は他人事ではなかった!?日本でも増える『同性愛者』の実態!

manbiki


最近芸能界でも、はるな愛さんやIKKOさんなどが多く出演し、日本でも馴染みがでてきた同性愛者。

じっくり考えた事はない方も、実は他人事ではなかったりするんです。

今日は「同性の恋愛」、この事についてまとめてみました!




■そもそも同性愛者ってなに?

男性が同性愛ですと「ホモ」、女性の場合「ビアン」と呼ばれる事が一般的のようです。また、総合して「性同一性障害」とも言われることは有名ですね。

多くの方が、幼いころから何かしら性への違和感をもち、成長して行く事が多いようです。


■同性愛は突然なる場合も

「完全異性愛者」ではない場合、「バイセクシャル」という、男女共に愛せる場合もあります。

良く聞く話では、女子高などの同性ばかりの活躍の場で生活を行ったことで目覚めてしまう人も少なくないようです。

また、男性に振られた等ひどく傷ついた場合に、レズに転換した場合も多いのだとか。

今異性愛者だとしても同性愛者になる可能性はあるし、誰にとっても実は身近な事なんですね。




■同性愛者の生活の実態

同性愛者の生活の実態は、完全に隠している人もいればオープンに生きている人など様々のようです。

性転換を行い、クラブ・パブなどで生活費・手術代など稼ぐために頑張る方は昔から多くいます。

しかし中には、見た目は自分の性のままで生活しているひともたくさんいるようです。

とても複雑なので、言えずに悩んでいる人が多い事は事実です。


■同性愛者の結婚も認められつつある現在

2013年に、フランスでは同性愛者の結婚が認められることが決まりました。他の国も合わせると、世界では14カ国で同性愛者が入籍することを認めています。

しかし残念ながら、日本では同性では結婚する事ができません。

芸能界で、カルーセル麻紀さんが戸籍上、女性になった事は有名なお話ですね。誰でもは難しいようですが、一定の条件を満たせば性を変える事も出来るようです。

昔と比べると、ずいぶんと日本も融通が効く国となってきているようです。




■おわりに

生まれてきたからには好きな人をありのままで好きでいたい!

人間であるならば、男女変わらず同じ気持ちだと思います。

同性愛で悩んでいる方も生活しやすいように、日本は確実に変わってきてます。

これからは、更に恋愛なども前向きに生活できることでしょう。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】