「避けられる」理由は2種類ある!把握しておきたい避けられ理由

a0001_017471


気になる人に対してうまく接することができない、というような体験はないでしょうか。

そんな「恋愛感情」から「避けられている」可能性ならば積極的にアピールすればよいのですが、中には「ごめん気持ちに応えられない」という理由から避けられてしまう「ゴメン避け」もあります。

この両者を見極めないと、恋愛で大きな失敗をしてしまうことがあります。

今回は、避けられている理由を判断する方法をご紹介します。




■ゴメン避けとは

その人は人間としては嫌いではないけど恋愛対象として見られない、という時に「ゴメン避け」をされてしまうことがあります。

何かの恋愛アクションをした直後に避けられるようになってしまったならば「ゴメン避け」である可能性が高くなります。

基本的には相手のことを嫌いではないので、「ゴメン避け」をすることで相手を傷つけないように遠回しに相手に「恋愛対象に見られない」ということを伝えているのです。

職場や学校が一緒の場合、目が合わない、二人きりにならないようにする、など明らかに避けられてしまうこともありますが、

LINEの既読がついているのにも関わらず、返事がない時などもやはり「ゴメン避け」されている可能性があります。




■「ゴメン避け」されたらどうしたらいいの?

「ゴメン避け」をしている人の中には気持ちを持たせるような行動をしたくないという意図から「ゴメン避け」をする人が多くなります。

そのため、相手には無理に恋愛アピールしたり近づいたりしないようにしましょう。

メールがきたとしても返事をするだけに留めておき、自分からメールを送りデートに誘ったりしないようにしましょう。

一定期間が経てば、相手も気持ちが伝わったことが分かり、「ゴメン避け」されなくなります。

「ゴメン避け」をされているのにも関わらず積極的に恋愛アピールしてしまうと「ゴメン避け」から「嫌い避け」に発展してしまうことがあります。




■おわりに

「ゴメン避け」されてしまい相手に脈がないことが分かったならば、すぐに新しい出会いを見つけましょう。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】