私ってもしかしてキープ!?女性がひっかかりやすい男性の4つのキープテクニック!

a0001_017604


本命の恋人意外にも、「2番目の恋人」「3番目の恋人」というように順序をつけて、複数同時進行で付き合っている男性がいます。

中には、付き合っていなくても体だけの関係のセフレが何人もいる状態の方もいらっしゃいます。

これは女性を「キープ」している状態であり、キープされないためにも男性のキープのテクニックをご紹介します。




■早い段階で肉体関係になる

女性をキープするために最も必要なのが、「相手が恋愛感情を抱いている」という状態になります。そしてそんな関係を築くためには、実は肉体関係になるのが一番簡単で確実な方法といわれています。

特に貞操観念が強い女性の場合、肉体関係になると勝手に男性に強い想いを抱いてくれることが多くなります。

このテクニックに引っかからないためにも、肉体関係を早々に持たないだけではなく、肉体関係を持った後も相手との関係を冷静になって考えるようにしましょう。


■自分のニーズを知っている

女性をキープする男性が、必ずしもイケメンというわけではありません。

ただ、キープが得意な男性は、自分のレベルと女性が自分に対して求めるニーズを正確に把握していることが多くなります。

「愚痴を聞く相手」
「楽しませてくれる相手」
「楽しい場所に連れて行ってくれる相手」

というように様々なニーズがあり、どれに自分が合致しているのかを知っており、そのニーズに応え続けます。

このテクニックに引っかからないために、相手が自分を満足させてくれることに満足するだけではなく、相手にも何かを与えられないかを考えてみましょう。




■恋愛感情は伝えない

「好き」というような言葉を伝えると多くの女性は満足してしまいますが、キープ関係を続けるためには、この「好き」という言葉はタブーになります。

恋愛感情があることを伝えないことで、相手に対して「なんで付き合ってくれないの?」という疑問を生じさせないのです。

このテクニックに引っかからないためには、しっかりと「付き合って」「好き」と伝えてもらってから、相手との関係を続けていきましょう。


■付き合えない理由が存在する

「なんで付き合ってくれないの?」という疑問を生じさせないために、あらかじめ付き合えない理由を用意することが多くなります。

たとえば「仕事で忙しくて一緒にいる時間が作れない。君を傷つけたくないから付き合えない」というようなことを言う男性は注意が必要です。

男性は、どんなに忙しくても付き合いたいと思う女性とは無理をしてでも付き合う努力をするからです。

こんなアホなことを言う男性とは、関係を続けないようにしましょう。




■おわりに

これらを参考にして、自分がキープされていないかチェックしてみましょう。

キープされている場合は、相手との関係を断ち切るか、自分を追いかけさせるように仕向けてみましょう。
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】