彼の心を狙いうち!今すぐ使える4つの心理学テクニック!

a0001_017429


あなたは心理学を勉強したことはありますか?

心理学を簡単に言うと、「行動」と「心の動き」を科学的に研究する学問のこと。つまり、これを応用すれば恋愛テクニックに利用できちゃうんです!

今回は心理学を上手く応用して、気になるあの人にアピールする裏技をお教えします。

狙ってる相手がいる方は必見ですよ!




■長さより回数

好きな人とはできるだけ長く一緒にいたいと思うものですよね。

一緒に過ごす時間の長さも大事ですが、心理学的に言うと「長さ」よりも「回数」を増やした方が、相手の心をあなたに向けさせるには効果的なんです。

週に一度だけ丸1日一緒に過ごすよりも、30分でもいいから毎日会う方がお互いの距離は近づきます。

と言ってもなかなか会う時間を作るのは難しいようなら、メールや電話でも充分効果はあります。

とにかく、毎日少しの間でも相手にあなたのことを考えさせる時間を作ることが大切なんです。


■相手を受け入れよう

カウンセリングでもよく用いられるのが、“受容”というテクニック。読んで字のごとく、相手の主張することを全て受け入れようという技です。

人間は、主張や言葉を受け入れてもらえると相手に対して心を開きやすくなります。

一旦心を開けば相手の主張も受け入れやすい状態になるので、あなたの恋愛感情も相手に伝わりやすくなるんですよ。




■食事中を狙え

よく付き合う前のデートに食事や飲みを誘いますよね。心理学的に言うと大正解な行動で、食事中は心が緩みやすくなるんです。

これは、食事を取ると副交感神経が活動するのでとてもリラックスしている状態になるため。

ですから、もし相手に告白をしたり何か説得したいことがあるなら、食事中にするのがベストです。

相手の心も緩みきっているので、あっさりOKしてくれるかもしれませんよ。


■飴と鞭

“間歇強化(かんけつきょうか)”という言葉をご存じですか?

例えばギャンブルでなかなか当たりが出ず、もう止めようかと思った瞬間に大当たりがくるとますます止められなくなる。

たまに与えられるご褒美のおかげでのめり込んでしまいなかなか抜け出せなくなるこの心理効果を、“間歇強化”と言います。

DV彼氏から暴力を振るわれたあと優しくされるせいでなかなか別れられない、というのもこの効果が働いているからなんですね。

ですからこの効果を逆手に取って、普段は相手の言いなりにならないのに時たまべったり甘えてみれば、相手の心はあなたから離れにくくなりますよ!




■おわりに

恋愛に欠かせないのは、相手の感情や心の動きを理解すること。

ですから心理学と恋愛は、意識せずとも密接した関係なんです。

心理学を上手く利用して、気になる相手を狙い撃ちしちゃいましょう!
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】