当てはまったら赤信号!ストーカー化しやすい男の特徴4つ!

sitagokoro


女性は恋をすると、周りのことが一切目に入らなくなってしまいがちですよね。

でも男性にだって、そんな恋愛一直線型のタイプは存在します。そしてそんな男性が恋愛感情をこじらせると、ストーカーになってしまうことも・・・。

今回は、恐怖のストーカー男になりやすい男性のタイプを検証していきたいと思います!




■電話やメールの回数が異常に多い

メールの返信が遅い男性の中において、レスポンスの早い筆まめな男性は最初はありがたく感じるかもしれません。

けれど、異常に彼女と連絡をとりたがる男性は、恋愛にのめり込みやすいタイプなんです。

そのうち、彼女が仕事中にもかかわらず「なんで電話出ないの!?」と怒ったり、「他の男とメールしてたんだろう」なんてあらぬ誤解を抱かれることも。

交際を重ねるにつれて、連絡の回数が徐々におさまってくるどころか逆に増えてくるような人には、注意が必要ですよ。


■SNS中毒

数年前、mixiの足跡機能やログイン時間が恋人の浮気調査に大活躍していたことはまだ記憶に新しいですよね。

あの頃と同じように、TwitterやFacebookに常時かじりついている男性には要注意。

「彼女の全てが知りたい」という気持ちが先走りすぎて、SNSを使って恋人の行動記録をチェックしているのかもしれません。

気をつけないと、立派な“ネットストーカー”に変化をとげる日も近いでしょう。




■待受画面は彼女との2ショット

「待ちうけ画面これにしたんだー」なんて自分との2ショットを見せられたら、ついついキュンとしちゃいますよね。

でもこの行動は、かなり彼女に依存してしまっている証拠。

いつでも彼女を見つめていたいという気持ちが行き過ぎて、突然待ち伏せされたりするかもしれません。

高校生くらいならまだいいですが、社会人の彼が待ち受け画面に自分を設定していたら、警戒した方がいいかもしれません。


■何かと彼女に影響される

おすすめした漫画に彼もハマってくれたり、美味しいと言ったお菓子を彼もよく食べるようになってくれたら嬉しいですよね。

けれどその反面、「彼女が好きだから好き」「彼女が嫌いだから嫌い」といった理由で好みを合わせている男性はとても危険です。

彼女に影響されすぎて、自分を見失ってしまう可能性が充分にあります。

依存状態から抜け出せずストーカーになってしまうかもしれないので、「あなたの好みも教えて!」と上手に対等な関係へ持っていけるようにしましょう。




■おわりに

付き合い始めのラブラブな時期にはよくある行動も、行き過ぎてしまうと危険です。

彼に思い当たる節があれば、用心しておいた方がいいかもしれません。

素敵な恋人から恐怖のストーカーに変貌させないように、あなたも気をつけてくださいね!
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】