「この女面倒くさい・・・!!」と思われてしまう彼女の4つの行動!

a0003_001575


一度付き合った女性には滅多に気持ちが冷めることのない男性も、彼女に別れを切り出すことはあります。

男性が別れを意識するきっかけの殆どが、「気持ちが重くて付き合うのが面倒になった」というもの。

悲しいことに、重い行動をとってしまう女性のほとんどがその行動が「面倒くさい」ことに気が付いていません。

同じ失敗を繰り返さないためにも、男性はどんな行動を「面倒くさい」と感じてしまうのかチェックしておきましょう。




■毎日何をしていたか確認する

会っていない間恋人が何をしていたか気になるのは、ある意味当然のことかもしれません。

だからと言って、「昨日は何をしていたの?」「誰と会っていたの?」と彼を問いただすのは止めましょう。

同じように、彼のTwitterやFacebookに張り付いて彼の行動を監視するのもNG。

いつかバレた時、面倒を通りこして「この子怖い・・・」と引かれてしまうかもしれませんよ。


■彼との悩みをいちいちツイート

彼とケンカしたり諍いが生じる度に、「なんで上手くいかないんだろう・・・」と、構ってちゃんなツイートをしてはいませんか?

誰かになぐさめて欲しい気持ちも分かりますが、そのツイートを見た彼氏は「直接言えばいいのに嫌味ったらしいなあ」とうんざりしてしまいます。

また慰めてくれる友人たちも、本心では「またか・・・」と思っているに違いありません。

もちろん、Twitter以外のSNSで彼との愚痴を吐くのもNGですよ。




■他の女性との交流は禁止

ヤキモチ焼きな女性の中には、彼氏がSNSで女性とからむのを禁止する方も多いでしょう。

ネット上だけでの知り合いなら関係が切れても平気でしょ!なんてことはアナタの理屈であって、必ずしも彼が納得してくれる保証なんてありません。

言われるがままに女性をブロックしてくれても、心の中は不満で一杯な場合も。

また彼がちょっと携帯をいじっているだけで「他の女と連絡を取っているのか?」と疑心暗鬼になるのもよくありません。

彼の心だけでなく、あなた自身も疲弊してしまいますよ。


■昔のケンカを掘り返す

一度は話し合ってお互い決着がついたはずなのに、「あの時もあなたはこう言って~」と昔のケンカを掘り返す人がいます。

男性のほとんどは昔言った発言なんて覚えていませんし、そんなことで責められれば「このケンカはいつ終わるんだろう・・・」と気が遠くなってしまいます。

昔のケンカは終わったこととしてスッパリ忘れ、いつまでも根に持つのは止めましょう。

彼をやりこめるつもりが、逆に捨てられてしまうかもしれませんよ。




■おわりに

当てはまる行動が1つでもあった方は要注意!

過去の経験はもちろん、今まさにこれで彼を責めましたという方は、今すぐしおらしく謝った方がいいかもしれません。

面倒な女のレッテルを貼られる前に、自分の行動には気をつけてくださいね。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】