あなたはあり派?なし派?異性との友人関係について!

a0002_006951


男女の友人関係は、ありという方とないという方、二手に分かれると思います。

あなたは「あり」と「なし」、どちらだと思いますか?

実は、出会い方のジャンル次第で、ありなのかなしなのかの流れが決まってくるようです。




■男女の友人関係が「上手く(アリ)」行く場合

街を歩けば「男子2、3人の中に1人女の子」という組み合わせ、見たことありませんか?

そう、互いに異性として意識せずに友人関係を上手く保っている方も多いです。これは、学生時代や幼いころからの同級生の場合によく見られるパターンです。

もちろん、全員が全員あてはまるわけではありません。

自分のすっぴんや相手の嫌な所を知っているからこそ、異性として意識をしなくなるものです。どちらかというと「兄妹」感覚で相手を見るようになる為、大人になっても変わらないのです。

また、職場の同僚も友人として成り立つ場合があります。こちらも職業にもよりますが、仕事=戦友ということになっていくものですよね!

仕事に関する意欲が高い人ほど、仕事関係の異性に対しては「仲間」という感覚に。

そういったことから、純粋に男女の友人関係をキープすることができるようですね。




■男女の友人関係が上手くいかない(ナシ)場合は?

次は、男女の友人関係がなぜ上手くいかない事があるのかということですが、理由は様々です。

中でも考えられるのは、「学校外」「仕事外」で出会ったという事がキーワードになります。学校外・仕事外で出会う時は、やはり一人の女や男として外に立つわけです。

勉強や仕事のミスをわざわざ相手に見せることもないですよね。良い所しか見えない為、互いに恋愛対象と考えてしまう確率も高まっていきます。

また、「元彼」と友人関係に戻る・戻りたいという話もよくあるもの!

しかしこちらに関しては、避けてほしい交友関係ナンバーワン。長く付き合った元彼ほど、必ずや肉体的関係もあったことですし、尚更危険と言えます。

特に女性は、都合のいい女として利用されることもあるので気をつけましょう。




■おわりに

男女の友人関係は、ある場合とない場合は五分五分といったところのようです。

もちろん、男女関係なく信頼できる真の友人ですと、一生の付き合いということにもなるかもしれません。

楽しい交友関係が続くように、毎日をエンジョイしてくださいね♪
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】