それどうでもいいから!女子が嫌いな男子のいらないこだわり5選!

a1640_000294


自分のことを話すのが好きな男子、いませんか?

みんな優しくあいづちをうってくれるけど、実は女子はうんざりしているかもしれません!

マイナビウーマンさんのアンケートをお借りして、女子の本音を探ってみましょう!




■女子と比べる

「女性より年収が低いのは…」
「女性より運転が下手なのは…」
「女性より酒が飲めないのは…」

女子と比べたがる男子いますよね・・・でもそれ、NGです!

女子を低く見たり、こう言いつつ同僚や後輩をけなす人ってサイテーです。

女子に「どうでもいい」と思われている可能性大でしょう。


■車の自慢

外車や改造車、外装のかっこ良さ。2駆か4駆かなんて女子はどうでもいいんです!

彼氏の車で気になるのは、中がキレイかどうか。そして、安全に運転してくれるかどうかです。

車好きの男子は要注意です。

自分はカッコいいと思っていても女子はそうでもないかもしれませんよ。


■昔の武勇伝

昔はワルだったんだとか、学生のときはこうだったんだとか、女子からしたらどうでもいいことです。

なにがおもしろいのか、全くわからない女子もいます。

昔ワルだったと言われたら、ドン引きはすることがあってもすごいと見直すことはありません。

昔の話は、おじいちゃんになってからにしましょう。




■意地をはる

「それ知ってるから」と、とにかく知ってることを主張したい知ったかぶり。本当に知っているか半分半分です。

「それでいけるから」と、エアコンやお風呂を無理に我慢したり、それを彼女に強制する意地っ張り。

そんなあなたに彼女の気持ちはただひとつです。

「どうでもいいけど巻き込まないで!」


■ええかっこしい

会計は自分がして後から半分払わせたり、写真の撮り直りを要求したり、友だちの前だととにかく持ち上げて欲しかったり・・・。

考えただけで面倒です。

プライドが無駄に高いと面倒で、しかもそのプライドと本人が釣り合わないともう・・・痛々しくてたまりませんね。





■おわりに

いかがでしょうか?

ドキっとした男子、いませんでしたか?

そんな方は、気をつけてくださいね。

あなたの自慢に、女子はうんざりしているかもしれません。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】