恋愛心理テスト第27弾!『一輪の花』

flower


恋愛心理テストシリーズ第27弾!

今回のテーマは『一輪の花』です。

見付けた花の様子や特徴で、恋の何かが分かるそうです。

さて、どんな心理状態が分かるのでしょうか・・・?




■心理テスト『一輪の花』

あなたは今、木々のひしめく森の小道を歩いています。

すると、少し先の方に一輪のお花が咲いていることに気が付きました。

それはどのようなお花でしたか?下の4つの中から選んでください。

1.あなた好みの香りを放つ花
2.今までに出会ったことのないほど、美しい花
3.よく見掛ける、近所の道路の脇や公園に咲く花
4.腰を曲げた、今にも枯れそうな花









■この心理テストからわかること

この心理テストでは、あなたが初対面の人に対して受けやすい対人魅力の要因を表します。

森の木々はあなたの周りに現れる人々を表し、その中であなたが目を留めたお花は、あなたが気になる異性を表します。

どんな特徴のお花を選んだかによって、あなたの異性の好みが分かってしまいます。


■1を選んだあなた

「あなた好みの香りを放つお花」を選んだあなた。

あなたは異性の<内身的魅力>に惹かれることが多いのでは?

これは性格の良さだけでなく、例えばスポーツや勉強が出来る、音楽や芸術的センスに秀でているなど、異性の能力性にも惹かれるタイプのようです。




■2を選んだあなた

「今までに出会ったことのない美しいお花」を選んだあなた。

あなたは異性の<身体的魅力>に惹かれることが多いのでは?

顔や身長、体型などに魅力を感じ、また、仕草や素振りが自分好みである異性に惹かれるタイプのようです。


■3を選んだあなた

「よく見掛ける、近所の道路の脇や公園に咲くお花」を選んだあなた。

あなたは異性との<近接性魅力>に惹かれることが多いのでは?

近接性とは近しい人のことを示します。会えば会うほど、または共通点が見付かれば見付かるほど、意識してしまうタイプのようです。


■4を選んだあなた

「腰を曲げた、今にも枯れそうなお花」を選んだあなた。

あなたは異性との<相補性魅力>に惹かれることが多いのでは?

相補性とは「補う補われる」関係を意味します。

自分にない物を持つ相手に惹かれるタイプのようですが、どこか守ってあげたい-もしくはこの人じゃなきゃ駄目だと直感的に感じる相手に惹かれるタイプかもしれません。




■おわりに

「惹かれる」ことは、恋愛のポジティブな第一歩目です。

ここから恋愛に発展するのか、それとも友情へ落ち着くのかはあなた次第。

臆せず踏み出せるといいですね。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】