驚きの結果!?数字で見る現在の恋愛事情!

number


一昔前は親の紹介によってお見合いで結婚していましたが、現在はお見合いを通して結婚する方は少数派になっています。

このように、時代によって恋愛の考え方や恋愛のありかたは大きく変わってきます。

そこで今回は、現在の恋愛事情がどのように変わってきているのか数字でチェックしてみましょう。




■70%が恋人募集中

恋愛に関する記事や情報が非常に多いため「多くの人は恋人やパートナーがいるのだろう」と思われがちです。

ところが、20代男性の70%が現在恋人はおらず、恋人募集中という状態らしいです。

さらに「年齢=恋人がいない歴」という20~30代の男性は、約35%もいるといわれています。

つまり「恋人がいない!」ということに焦らなくてもよいのかもしれません。


■初体験は30代・・・?

初体験の年齢が低年齢化しているといわれている昨今、その反面、経験が全くないという30代前半の男性も、実に26%もいるといわれています。

さらに未経験の男性の中では「経験がない」と焦る男性よりも「セックスしたいと思わない」という男性が45%を占めます。

いわゆる草食男子といわれる男性の特徴ともいえます。




■35歳がリミット?

諦めの境地にも近い状態ですが、そんな男性が35歳を過ぎて結婚できる可能性は約3%といわれています(女性の場合は2%)。

つまり、35歳を過ぎてしまうと恋人を付き合うことが難しいだけでなく、結婚も難しくなってしまうのです。

自然に結婚ができると思っている方も多いかもしれませんが、実は男性の生涯未婚率は約20%といわれており、かなりの割合で未婚のまま生涯を過ごされる方が存在します。

「いつか恋人ができるからいいや・・・」とノンビリ構えておらず、男性も積極的に婚活をした方がいいのかもしれません。


■彼氏以外とでも・・・?

奥手な男性が多い反面、女性は実は積極的に行動している・・・というデータがあります。

例えば、女性の約75%の人が、恋人以外の男性と「想定外のセックス」を経験したことがあると、SPA!の2012年の調査で判明しています。




■おわりに

「付き合いたい」と思わなかったとしても、恋愛の練習をする必要はあるかもしれません。

ぜひ、男性も女性も積極的に出会いの場を求めてみてください。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】