要注意!大人の女性がやると痛い4つの行動とは?

a0001_008023


女性にとって、今後の人生を左右する分岐点のひとつ。それが「アラサー」です。

恋人がおらず結婚もしていない女性がこの時期に「イタイ」行動を取ってしまうと、もう二度とヒエラルキーの最下層から這い上がれなくなる危険性があります。

どんな行動が「イタイ」と取られてしまうのか、今のうち学んで注意しておきましょう。




■話し方

ベタベタと甘ったるい話し方をしたりあまりにも言葉を知らなかったりすると、聞いている方は「あいたたー」と思ってしまいます。

特に職場でベタベタとした話し方をしていれば、恋愛どころか出世に響く可能性も。

「寿退社するから出世できなくていいもん!」と思う方もいるかもしれませんが、アラサーがこんな話し方をしていれば媚を売っているのが見え見えで男性も離れていってしまいます。

年相応の話し方を心がけましょう。


■高すぎる理想

よく言われることですが、「年収800万以上じゃなきゃイヤ!」「身長180cmくらいある人じゃないと~」なんて言っている女性に男性は近寄ってきません。

理想に合わない男性はもちろん、高収入・高身長・高学歴の男性もなんだか自分が物件扱いされているように感じて引いてしまいます。

高い理想を持っていても構いませんが、なるべく口に出すのは控えましょう。




■服装や化粧の仕方

話し方だけでなく、ファッションや化粧の方法にも「年相応」というものはあります。

露出が多すぎる派手な服装はもちろんのこと、ガーリーな森ガール風のコーディネートもアラサーにはキツイものです。

またこれでもかとファンデーションの厚塗りをし、チークをがんがん入れて無理やり肌を若々しく見せようとしているのも「無理してるなあ」と思われて終わりです。

フェミニンな、落ち着いた服装や化粧をするようにしましょう。


■酒癖が悪い

アラサーになって職場でもそれなりの役割につくようになれば、飲み会への出席率も増えますよね。

誰かに介抱されなければならないほど飲みすぎるのはもちろん、部下や同僚に絡んでいる姿を見れば男性の心は一気に冷めてしまいます。

「今度一緒に飲みませんか?」はデートのお誘いの常套句なのに、酒癖の悪い女性と一緒に飲みたがる人なんていませんよね。

酒は飲んでも呑まれるな!




■おわりに

やはり必要以上に自分を若く見せようとする行為や、欲望丸出しなのが分かる行為は「イタイ」と思われがちのようです。

若く見えたい!という気持ちは理解できても、必至すぎる姿に引いてしまうのでしょう。

無理に若づくりをしようとせず、歳相応な振舞いを心がけましょうね。
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】