甘え上手はモテ上手♪かんたんに甘え上手な女性になる4つのコツ!

a0002_009264


みなさんは、自分が甘え上手だと思いますか?

上手に甘えてお願いごとができる女性は男性からの人気が高く、モテる女性は意識的にも無意識的にも「甘えテク」を持っているものです。

今すぐ彼氏が欲しいと思っている方は、これを機会に上手な甘え方を実践してみましょう。




■まずは小さなお願いから

甘えなれしていない人が「よし、甘えるぞ!」と思っても、いきなり無理難題をふっかけたり変に挙動不審になったりして男性を困惑させてしまうかもしれません。

最初は、確実に断られないのが分かっているような小さなお願いごとをしてみましょう。

例えば重い荷物を持ってもらうというようなレベルで大丈夫です。

そうして、”男性にお願いごとをする”という行為に徐々に慣れていきましょう。


■彼の得意分野で

男性だろうと女性だろうと、自分が得意な分野で頼みごとをされたら嬉しいですよね。

「ピアノが得意な人と言えばあなたしか思いつかなかったから」と言われれば、どんなに忙しくても引き受けようという気持ちになりませんか?

得意分野での頼みごとは、小さなお願いの次くらいに受け入れてもらいやすいものです。

これだったら、相手にも負担がかからない分頼みやすいですよね。




■断られてもめげない

いくらお願いを受け入れられやすい状況でも、断られてしまうことだってあります。

だからと言って、そこで心を折られて「私って嫌われてるんじゃ・・・」なんてネガティブ思考に走るのは止めましょう。

もしかしたら、プライベートでどうしても外せない用事があるとか、たまたま体調が悪いとか、そんな理由があるのかもしれません。

めげずに次のチャンスを狙って、もう一度可愛くお願いしてみましょう。


■フォローもしっかり

男性に「甘え」を受け入れてもらった後は、フォローも忘れないようにしましょう。

「ありがとう」「さすがだね」そんな一言を添えるだけで、またこの子の頼みを聞いてあげたいという気持ちになるものです。

間違っても申し訳ない気持ちになって「お願い聞いてもらっちゃってごめんね」なんて言うのは止めましょう。

「ごめんね」より、にっこり笑って「ありがとう」と言われる方が誰だって嬉しいですよね。




■おわりに

もちろん、どれだけ簡単なお願いごとであっても、人によって「許容範囲」というものは違います。

お願いごとをするときは、相手が負担にならないタイミングや程度をしっかり見極めましょう。

それができてこそ、ようやく「甘え上級者」となれるのです!

甘え上手なモテ女を目指して、みなさんも頑張ってみてくださいね。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】