どうして捨てられちゃうの?「都合のいい女」の4つの特徴!

a0002_007520


全身全霊をかけて彼に尽くしたのに、何故かいつも別れを告げられてしまう。

そんな負のスパイラルに陥ってはいませんか?

尽くしても尽くしても捨てられてしまう「都合のいい女」になる人には、いくつかのパターンがあります。

そんな女にならないために、そのパターンを学んでおきましょう。




■「NO」と言えない

仕事上でも友人とでも、何か頼みごとをされると断れないタイプの人です。

こういうタイプの女性が、恋人相手に「それは出来ない」なんて言えるわけがありません。

そのうちに彼は「こいつに言えばやっておいてくれるだろう」と、あなたを見下すようになります。

「断ったら嫌われるかもしれない・・・」なんて怯えたりせず、無理なものは無理だときっぱり言える強い人間になりましょう。


■自分に劣等感を持っている

欠点ばかりの私に引き換え、周りの人はなんでこんなに何でもできるんだろう・・・なんて思っているタイプです。

例え周りの人が何か失敗しても、「ごめーん」と謝る姿を見て「なんて素直な人なんだ」と感心することすらあります。

こういう人は自分と付き合っている彼のことを、「私みたいな人間と付き合ってくれる人なんて、もう彼以外現れないに違いない」などと思いがちです。

そのため過剰なまでに彼に尽くし、結果、都合のいい女に成り下がってしまうのです。




■気が小さい

気が小さく臆病で、自分より上の立場の人にはビクビクしながら接してしまうようなタイプの人です。

あまりにも小心者な人は、恋人との関係においても相手の方が立場が上だと錯覚してしまいがち。

長いものに巻かれろ精神は体育会系の職場なら上手くいく場合もあるかもしれませんが、恋人との関係では相手を図に乗らせてしまうだけです。

恋人との関係は、対等であってこそ成立します。

嫌われるかな、怒られるかな、とビクビクしながら彼に接するのは止めましょう。


■利用されていることに気づかないふりをする

「都合のいい女」に陥るタイプの女性は、常に周囲の人の感情に気を配っているので鈍感なわけではありません。

ですから、「私、利用されてる・・・?」と、ちゃんと気づく場合もあります。

それなのに、せっかく気づいたところで「こんな風に考えるなんて私ってやっぱり悪い人間だ」という方向に考えがいってしまいがちなので、なかなか状況が改善されることはありません。

利用されている自分に気が付いたら、一度冷静になって、本当に世の恋人たちはこんなことまでやらされているのかということを考え直した方がいいでしょう。




■おわりに

自分にあてはまる思考回路や状況はありましたか?

急に意識改善するのは難しいかもしれませんが、もしいくつか当てはまるものがあればもう少し自分に自信が持てるようにした方がいいかもしれません。

女は少しわがままなくらいがちょうどいい! と自分に言い聞かせ、彼に振り回されたあげく捨てられたりしないように気をつけましょう。
 

お気に入り!


あわせて読みたい