料理が苦手でも大丈夫!料理上手に見せる4つのちょっとした一工夫!

a0003_000491


男の人の心を掴むためには、胃袋を掴め! ってよく言いますよね。料理上手な女の人は、同性から見ても素敵です。

でも、女だからと言ってみんながみんな料理上手なわけではありません。ですが、ちょっと料理が苦手なあなたでも、ほんの一工夫で料理上手に見せることができるんです。

今回は、そんな裏技を4つ伝授しちゃいます。




■ひと手間加える

ひと手間と言っても、大げさなことはしなくても大丈夫!

カレールーに市販のスパイスを1種類加えてみるだけでOKです。

彼や旦那さんに食べてもらうとき、さりげなく「今日のカレーはXXを入れてみたんだけどどう?」と聞いてみましょう。

それだけで男の人は「料理に詳しい子なんだなー」と思ってくれます。


■カラフルにする

料理で大切なのは彩です。

茶色ばっかりの肉じゃがに、茹でたサヤインゲンを乗せるだけで、すごく美味しそうかつ手間がかかってそうに見えますよね。

彩を考えるのが面倒な人は、切ったパプリカを散らすだけでも充分食卓が鮮やかになりますよ。




■缶詰を使う

いつも味付けで失敗してしまう人は、缶詰を有効活用してみましょう。

今はスーパーへ行けば、色々な種類の缶詰が売っていますよね。缶詰にはもともと味が付いているので、失敗することはありません。

切った野菜と一緒にささっと炒めるだけで、充分美味しいおかずになりますよ。


■品数を増やす

腹ペコな男の人には、質より量で勝負です。

たとえばオムライスとシーザーサラダを作るよりも、『焼き魚、おひたし、味噌汁、納豆』という和食メニュー。

これなら焼いて湯がいて煮るだけですが、男性からすると「こんなにたくさん作れるなんてすごい!」となります。

あとはご飯と一緒に「卵かけごはんにもできるよ♪」と言えば大丈夫です!




■おわりに

料理上手に見せるのって意外と簡単なんです。

もちろんこれらの裏技は、旦那さんや彼氏には内緒にしてくださいね。

彼の胃袋もハートもがっしりキャッチしちゃいましょう!
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】