4つの秘訣大公開!いつまでもラブラブカップルでいるために必要なこと

a0002_006655


大好きな恋人とは、ずっといつまでも仲良くラブラブでいたいものですよね。

だけど、お付き合いを始めるよりラブラブを持続させる方がずっと難しいもの。

どうすればずっと仲睦まじい恋人同士でいられるのか、その方法をこっそりお教えちゃいます。




■魅力をキープする

「幸せ太り」「釣った魚に餌はやらない」

そんな言葉がありますけど、付き合った途端に太ったり態度がコロッと変わったりする人っていますよね。

相手は恋人になるために頑張っていた頃のあなたを好きになってくれたのですから、そんな風に見かけや中身が変わってしまっては、恋心が冷めるのも当然です。

相手が「ここが好き!」と言ってくれていたあなたの魅力は、なるべくキープできるように頑張りましょう。


■2人きりじゃない時間をつくる

二人きりのデートばかりでなく、たまには友達複数人で会う時間を作りましょう。

大勢の中にいる恋人を見ることで、相手を客観視することができます。

客観視してみると、改めて相手の魅力に惚れ惚れしたり、他の異性と話している恋人を見て嫉妬心がかきたてられ、恋の炎も燃え上がります。

第三者視点で見ることって、意外と重要なんですよ!




■ナンバーワンよりオンリーワン!

世界中にいる異性の中であなたが一番好き!

そんな言葉も素敵ですが、できれば「あなたが一番好き」ではなく、「あなただけが好き! あなたしか目に見えない!」と言いましょう。

ナンバーワンでいることはもちろん嬉しいですが、それよりもオンリーワンでいられることの方が幸せに感じるものです。

幸せは自信へと繋がり、一層相手は魅力的な人になることでしょう。


■とにかくハグ

相手がなんだか悲しそうなとき、イライラしているとき、喧嘩してしまったとき。そんな時は、無理やりにでもハグしましょう。

ハグすることで、その人が抱えているストレスの3割が減少するって知っていましたか?

相手との仲がギスギスしてしまいそうなとき、ギュっと抱きしめあうことで二人の関係をより良いものにしていきましょう。




■おわりに

いつまでもラブラブでいるためには、初心を忘れないことが大切です。

片思いしている時、相手と付き合うためにあなたはいつも相手を思いやり、どうやったら好きになってもらえるか色んな努力をしましたよね。

その頃の気持ちを忘れず、次は「あなたといると安心する」と思ってもらえるように、一生懸命がんばりましょう。

そうすれば、きっといつまでも仲睦まじいラブラブカップルでいられるはずです。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】