出会いは学生時代!そんな長い恋愛を続けるための2つのポイント!

a0002_008670


「長続きする恋愛をしたい」と感じられる方も多いのではないでしょうか。

しかし、長く付き合っているカップルの中には「出会いは中学の頃で、それからずっと付き合っているよ」というようなツワモノがいます。

今回は、そんなハイレベルのカップルが、恋愛を長続きさせるためのコツをご紹介します。




■守って!頼って!そんな気持ちを大切にする

恋愛をする期間が長くなると、どうしても「恋人」というより「家族」に近い感情を抱く人も多いようです。

そのため、一時期の迷いで浮気をしてしまう人もいるようです。そんな危険を回避するためにも

「男性に守られたい!」
「女性に頼られたい!」

という本能的な気持ちを大切にするようにしましょう。

デート中にそっと車道側を男性が歩く、そして女性はそれに対して感謝をする。それだけのことですが、男性と女性という立場を守り続けることができます。

男性はリードするクセを付けることが大切ですが、女性も「リードされること」に慣れるように普段の行動を意識してみましょう。




■見栄は張らない!

恋愛をし始める時には、どうしても見栄を張ってしまいがちです。

しかし、10年、20年と付き合っていると、見栄を張りきれないことがあります。勇気を出して相手に自分の

・弱い所
・コンプレックスな所
・強い所
・我慢できない所

などを打ち明けてみましょう。

そして、相手が打ち明けてくれた時は、それを受け止めるだけの愛情を持つことも大切です。

また、他人に対して見栄を張るのも危険です。

・人と比べない
・恋愛を分析しない
・自分が幸せか疑問に思わない

他人と比べてしまうと、「〇〇ちゃんの彼氏はエリートなのに」という、どうすることもできない相手への不満が発生してしまいます。

こんな不満をぶつけられてしまうと、相手も困惑し2人の関係は悪化してしまいます。




■おわりに

長く続く恋愛は、「自然体な恋愛」と思われがちですが、相手を思いやる心や感謝する気持ちは忘れないようにしましょう。

その思いやる気持ちが自然にでてくるカップルが、長続きするカップルなのかもしれません。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】