恋愛心理テスト第13弾!『恋人と映画を見に行こう!』

eigakan


恋愛心理テストシリーズ第13弾!

今回のテーマは『恋人と映画を見に行こう!』です。

時には意見が食い違うこともあるでしょう。そんな時に二人が取る行動で、恋愛のアレが分かるそうです。

さて、どんな心理状態が分かるのでしょうか・・・?




■心理テスト『恋人と映画を見に行こう!』

恋人と映画を見に行った時のことを想像してください。

もし二人の意見が違った時、どのような会話になりやすいでしょうか。

最も近いものを次の4つの中から選んでください。

1.意見の食い違いを気にし、「どうして違うのか」と悩む
2.意見の食い違いを気にしない
3.意見の食い違いはなかったものとして、忘れようとする
4.意見の違いを認め、どこがどう違うかなどを話し合う









■この心理テストでわかること

この心理テストは、自分の行動や振る舞いを自分の意思で決めているか、義務感から決めているか、ふたりの関係を運命的なものととらえているか、ふたりの関係を成長するためのものととらえているかなどの傾向を見ることができます。


■1を選んだあなたは

「意見の食い違いを気にし、「どうして違うのか」と悩む」を選んだあなた。

他人からの期待や義務感によって自分の行動を決めるタイプです。どちらかというと、恋愛がうまくいきにくい傾向があるかもしれません。

恋愛は自分のもの。義務感や他人の期待に沿うものではなく、自分の気持ちを優先させられるようになるといいかもしれません。




■2を選んだあなたは

「意見の食い違いを気にしない」を選んだあなた。

意見の食い違いを自分たちを高めるためのものととらえるので、恋愛がうまくいきやすい傾向にあります。


■3を選んだあなたは

「意見の食い違いはなかったものとして、忘れようとする」を選んだあなた。

ふたりの関係を運命的にとらえがちかもしれません。

映画の感想くらいなら影響はありませんが、大きな意見の食い違いもそのままにしておくとふたりの関係の満足度を下げてしまうことになりかねません。

少しずつ意見の違いなども興味を持っていくようにすると、ふたりの関係の満足度が少しずつアップするでしょう。


■4を選んだあなたは

「意見の違いを認め、どこがどう違うかなどを話し合う」を選んだあなた。

小さなことも無視せずに、きちんと相手との違いを認めていこうとする人です。

問題があっても解決することが多く、恋愛も長続きしやすいです。




■おわりに

意見の食い違いを、話し合いうのはなかなか勇気がいるかもしれません。

こういった小さな意見の違いを放置せず話し合うきっかけにすると、ふたりが成長し恋愛も長続きするようです。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】