これはナシ!相手が引いちゃうキメ髪4パターン!

hair


近年は女性だけでなく、男性もヘアアレンジをする時代です。

そのため、デートのために一生懸命ヘアアレンジされるという方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、あまりにもキメ髪にしてしまうと「それはやりすぎでしょ・・・」と思われてしまうこともあります。

今回はそんな、相手が引いてしまうキメ髪についてご紹介します。




■派手な巻髪・TPOにそぐわないヘアスタイル

女性は特に、ヘアアレンジに力を入れる方も多いようですが、あまりにも頑張りすぎて

「パーマ当てすぎてキャバクラかと思った」
「盛りすぎてキャバ嬢みたい・・・」
「30代なのに巻髪は痛い」

などと思われてしまうこともあるようです。

また、職場などのTPOに合っていない髪型もマイナスイメージを抱かれてしまうこともあります。

少し力を抜くぐらいが好印象を与えるようですよ。


■派手なカラー

近年は髪を染める人が非常に増えてきています。逆に黒髪である方が珍しいぐらいかもしれません。

そんな髪の色ですが、あまりにも派手すぎると悪印象を抱かれてしまうこともあります。

・金髪
・メッシュ

というように、少し派手すぎたり奇抜なカラーを選んでしまうと、相手から引かれてしまうこともあります。

ちなみに、ヘアーサロンの従業員に髪の色を相談すると、かなり明るい色でも「個性的でいいですよ!」と勧められてしまうこともあるので、注意が必要です。




■極端なパッツン前髪はアウト

これは女性に多い注意点ですが、パッツンと切りそろえられた前髪は、

「子供っぽすぎる」
「ヘンテコで女として意識ができない」

と思われてしまうこともあるようです。

若返り効果を狙い前髪パッツンをされる女性もいますが、あまりにも極端なパッツン前髪にはしないようにしましょう。

また、前髪パッツンの方も少しサイドに流すだけで印象は変わりますので、工夫してみてくださいね。


■長すぎる髪の毛

男性だけでなく女性にも言えることですが、極端に長い髪はマイナスイメージを抱かれてしまうこともあります。

長すぎる髪の毛をしている男性の中には、お手入れがシッカリされておらず、不潔なイメージを抱かれてしまうこともあります。

逆にシッカリとトリートメントされているサラサラのロングヘアの男性も引かれてしまうことがあるので、適度な長さを保ちましょう。

女性の場合は男性よりも長さがあっても問題ありませんが、あまりにも長すぎると「ホラー映画みたい」と思われてしまうことがありますので、注意してください。




■おわりに

髪型は、その人の印象を作る際に非常に大切なポイントです。

勿論、髪型をアレンジしたり気を使うことは大切ですが、やりすぎてしまうとせっかくの努力もマイナスイメージになってしまいます。

ぜひ今回の記事を参考に、程よいヘアアレンジを楽しんでください。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】