夜の心理テスト第12弾!『泣いている小さな女の子』

cry_girl


夜の心理テストシリーズ第12弾!

今回は『泣いている小さな女の子』がテーマです。

泣いている女の子にどのように接するかで、なんとアレの特徴が分かってしまいます!

さて、アナタの深層心理はどうでしょうか?




■心理テスト『子供が泣いている!』

あなたの家の近くに、あなたに懐いてる小さな女の子が住んでいます。

ある日、あなたが家の近くを歩いていると、その女の子が「幼稚園で嫌な事があった」と泣いていました。

さて、その時のあなたがとる行動は、次のどれに一番近いでしょうか。


1. ずっとそばで話を聞いてあげる
2. 話をある程度聞いたら、問題を解決する方法を教える
3. 話を聞くよりも、気分転換に遊びに連れて行く
4. 何も聞かずに、そっとしておいてあげる









■この心理テストでわかること

ここで登場する「女の子」は、自分より年下の弱い立場のものです。

弱い立場のものへの対応は、「自分の性行動の象徴」を示しています。

つまり、あなたがどんな性行動の特徴を持っているかが分かってしまいます。


■1を選んだあなた

「ずっとそばで話を聞いてあげる」を選んだあなたは、「受け身的」な性行動をとるタイプ。

自分から積極的に気になる相手を誘ってデートしたり、大胆な行動をとることが少ないようです。

セックスにおいては、相手にリードしてもらい、自分はじっとしていたいようです。時には、自分から相手をリードすることがあってもいいかもしれませんね。




■2を選んだあなた

「話をある程度聞いたら、問題を解決する方法を教える」を選んだあなたは、ずばり正統派。

自分が描いている「マニュアル」通りの生活を好むため、性行動でもそれを超えることはありません。自分の判断に従って、淡々と行為を行うことが多いようです。

もう少し、自分以外の「マニュアル」があることが解ると、恋愛の幅も広がるでしょう。


■3を選んだあなた

「話を聞くよりも、気分転換に遊びに連れて行く」を選んだあなたは、何より楽しみを優先させるタイプ。

もしかしたら、セックスのお相手も「1人」でなくては駄目とは思っていないかも。

もし本気で好きな人ができたなら、もう少し一途に付き合ってみてもいいかもしれません。


■4を選んだあなた

「なにも聞かずに、そっとしておいてあげる」を選んだあなたは、セックスに対して淡白なタイプ。

自分から何かしてあげたり、セックスに至るまでのやり取りを面倒だと思う傾向があるようです。

恋人も同じタイプならお互いベストマッチですが、そうでないなら相手が寂しい思いをしていることも考えられます。




■おわりに

セックスに対する自分の行動は、自分でもわからないことが多いようです。

自分が理想と考えているものと、現実が食い違っていることが多いかもしれません。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】