苦手な人からのデートの申し込み・・・角が立たないデートの断り方4選

a0002_004054


恋愛にいおいて「デート」ってとっても大切なことですよね!でも、付き合う気のない人にデートに誘われた時、どうやって断ろうか悩むことはありませんか?

できるだけ角を立てずに断りたいと思うものですが、どうやったら角を立てずにお断りが出来るのか・・・

今回はそんな付き合う気のない人に誘われた時の「デートの断り方」を紹介いたします。




■「体調・調子が悪いからごめんね」

定番お断り文句である「体調・調子が悪い」。

体調の悪さえをアピールすればそれ以上は相手も踏み込みづらいので、諦めてくれることも多いようです。

ただし、お断りした日に外出などをすると見られちゃう可能性もあるので、お断りした日はおウチでおとなしくしていましょう。


■「門限が早いからデートが難しいの」

家庭の約束事である門限をアピールするのもアリ!相手も門限となれば破ってまでデートしようなんていいませんよね。

ただ、「門限までには帰られるようにするから!」なんて粘られる可能性はありえます。




■「ちょっとまだ都合がつくかわからないです」

事前に「○日に~」や「空いている日に~」と誘われた場合のみですが、「まだ都合がつくかわかりません」とかわし続ける方法もあります。

その時には、こちら側から「都合がついたら、ご連絡するんで」ときっぱりその場で言ってしまうことが大切です。

「こちらから連絡をする」といっておかないと、催促の連絡がくる可能性アリ。


■「彼氏・彼女に怒られるので」

嘘でも「彼氏・彼女に怒られる」といってしまえば、相手も今後誘ってくることはなくなるでしょう。

普通の人はこれで誘ってこなくなりますが、嘘だった時にばれてしまうと角がたってしまうので、バレないように気をつけてくださいね。




■おわりに

デートの断り方について紹介してみましたが、いかがでしたか?

角が立たない断り方は難しいですよね。

ただ、角が立たない断りをすると、人によってはその後もしつこく誘ってきたりと、面倒くさくなることもありがちです。

そんな人相手にはキッパリと断ることも大切ですよ☆
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】