次のデートにへ繋げよう♪初デートを盛り上げる話題作りの4つの秘訣!

a0008_000266


初めてのデートであなたはどんなことを話しますか?

デートで会話が弾むと一気に心象もよくなりますし、次のデートへ繋げることができます。

話が弾むということはお互いに惹かれ合う大きな要因にもなるのです。

そこで今回はデートで話題作りに困らないための秘訣をご紹介します。




■お互いの出身や生い立ちについて

初めてのデートではまず、簡単な自己紹介のつもりで出身地や簡単な生い立ちについてうまく話題を振ってみましょう。

相手の地元について、学生時代の部活や趣味について、これまでの楽しかった思い出、など自分の出身や過去のことは話題も尽きず、聞いている方も楽しめるはずです。

自分が話すときには暗い話にならないように明るい話題を選ぶことと、過去の栄光ばかり語るような自慢話にならないことに気をつけてくださいね。


■二人の共通点について

職場が同じだったり、好きなものが似ていたり、趣味が一緒だったり、何か共通点があるからこそ二人は知り合ったのだと思うのでその話題は大いに利用しましょう。

好きになった理由を掘り下げたり、どうしてこの職場に勤めようと思ったのか聞いてみると意外と話が盛り上がるものです。

愚痴で盛り上がるのもいいですが、「性格悪いな」と思われてしまってはもったいないので、愚痴っぽくなるときにはやや控えめのトーンで話すのをおすすめします。




■お互いの悩みについて語り合う

初めてのデートでは結構ハードルが高いかもしれませんが、誰でも悩みを抱えているはずです。

ただ、唐突に「悩みある?」と聞いても答えてくれないので、まずは自分から「実はこんな悩みがあるから、意見が欲しい」と切り出してみるといいでしょう。

自分から心を開くことが非常に重要です。きっと相手は真摯に話を聞いてくれることでしょう。

話が深まってきたら、あなたは?と切り返してみると相手も話をしてくれるはずですよ。


■視界に入ったもの全てが話題に

すごく極端な話、話題を作ろうと頑張るよりも身の回りにあるもの、視界に入ったもの全てが話題になりうるものですから、そういうものを見て話ができるように引き出しを増やしておくことが重要です。

犬が散歩していたら犬の話を振ってみたり、カフェが目に入ったら「コーヒーは好き?」と尋ねてみたり。

とにかく二人でいて気まずい思いをすると2回目のデートに繋がりにくくなりますので、話がスムーズに進むように、普段から視界に入ったもので自分はどんな話ができるのか考えながら街を歩くと意外な発見がありますよ。




■おわりに

いかがでしょうか。

デートが盛り上がるか否かは話が盛り上がるかどうかによるところが非常に大きいので、話題作りだけはしっかりしておきましょう。

当日の服を選んだり髪型をセットするのもいいですが、話題を考えておいたり相手から聞きたい話を考えておくのも念頭に入れて準備をしてみてくださいね。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】