「あれ?もしかして・・・」男性が見せる4つの別れの予兆!

a0002_010692


何の予兆もなく別れを切り出されたことはありませんか?

しかし意外と自分が気が付かなかっただけで、予兆はどこかにあったはずです。

でも、もし別れの予兆がわかったら、少しでも彼を引きとめられるかもしれませんよね。

そこで今回は、男性が見せる別れの予兆についてご紹介します。




■メールや電話の頻度が減る

これはすごくわかりやすいと思うかもしれませんが、意識して見ていないと意外とわからないものです。

男性は元々こまめな連絡が苦手なもの。連絡する相手のことが好きだからこそこまめに連絡できるだけで、気持ちが冷めてしまうと連絡がとても億劫になります。

ただし、メールや電話の頻度が減ったからと言ってこちらからバンバン連絡を取るとそれもそれで面倒に思われてしまうので気をつけましょう。


■一緒にいても会話が上の空

二人で話をしていてもうまく噛み合わないときってありませんか?そういうとき、大体は男性がきちんと話を聞いていないからです。

男性は冷めてしまうと相手の話に付き合うのも面倒と感じてしまいます。

特に、女性と男性の話の仕方が違うということは誰もが知っていることだと思いますが、オチのない女性の話は男性にとって面倒で、話を聞いていられるのも相手のことが好きだからこそなのです。




■近況を話したがらない

男性は冷めてきた相手に近況を知られることを嫌がります。

当然、冷めてきたら他の女性にも目が行きますし、彼女以外と遊ぶ時間の方が楽しくなってきます。

冷めてきたとは言え、一応冷めていることに罪悪感があるのでそういった近況を知られると後ろめたくなるので出来るだけ知られたくないのです。

また、冷めてきた彼女に会っていない時間のことを把握されたくないという心理もはたらくのでなかなか近況を話してくれないときは要注意です。


■遊ぶ予定をドタキャンする

男性とはわかりやすいもので、自分の気持ちに素直ですから遊びたくない相手と遊ぶのはとても疲れることですし、すごく嫌なことなのです。

ですから、前日や当日の朝にドタキャンされることが増えてきたら彼は自分に会いたくないのだと解釈したほうがいいでしょう。

逆に男性は、会いたい人には積極的に会いに行きます。付き合う前の彼を思い出せばわかるのではないでしょうか。




■おわりに

いかがでしたか。

彼のそぶりや態度から別れの予兆を見つけたらすぐに対策を取りましょう。

ただ、履き違えてはならないことは、対策を取ると言いながら彼の言うままになってしまうこと。

そうなると二人の関係は余計に崩れてしまうので気をつけましょう。
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】