同棲前にチェック!同棲するのに向かないカップルの4つの特徴

a0002_004044


同棲といえば世のカップルの憧れの形ですが、同棲して幸せになれるとは限りません。

同棲して幸せになれるカップルにも、そして同棲して幸せになれないカップルにも共通点があります。

そこで今回は、同棲しても幸せになれないカップルの特徴についてご紹介します。




■愛情の大きさが平等ではないカップル

もちろん、カップルでいる以上お互いにパートナーを愛しているのだと思いますが、どちらかの愛情の方がもう一方の愛情を大きく上回っていると感じる場合には同棲はオススメしません。

そうなると、愛情が大きい方がどうしても相手に尽くしすぎてしまうからです。

そうなると後々必ずどこかで不満が溜まって爆発してしまいます。


■お互いに一人暮らし未経験者

当然二人で暮らすとなれば、家事を分担しなければなりません。

しかしその時にそれぞれが家事能力を有していないとうまく家事が回らずストレスが溜まりますし、生活にも支障が出てきます。

どちらか一方だけが一人暮らし経験者であっても、もう一方が家事に対する意欲を見せていなければ同棲しないほうがよさそうです。




■実家暮らしで実家にお金を入れていない

実家で生活させてもらっているのに、実家にはお金を入れていないという場合、何が苦しいかというと生活にかかるおおよその金額がわからないことです。

お互いにどのくらいの金額を出し合えばいいのかわからなかったり、生活の中で不定期に必要となる費用を余分に計算して積み立てたりということができない人に同棲はおすすめしません。

やはりお金に関わることですから、きちっとしないとお互いの関係もギクシャクしてしまいますよ。


■味付けの好みが似ていない

二人で暮らすようになれば、同じお皿のものを二人で食べることになります。

外食の場合、ある程度自分の好きなものを選んで食べられますが、自分たちで作るとなるとそう何皿も作るわけにはいきません。

上手に節約しながら二人ともが満足するためには、味の好みが似ていることが必要となってきます。




■おわりに

いかがでしょうか。

同棲によって仲が深まるカップルばかりではありません。

最低条件として、将来的に結婚を考えているカップルであることが欠かせません。なんとなく、とか流されて、で同棲をすると痛い目に遭うので要注意です。
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】