肩こりの軽減に!血行を良くする2種類のアロマとは?

aroma


パソコンやスマホを使っている人なら、きっと一度は経験する肩こり。主な原因は、首や肩の筋肉の緊張だとされています。

そんな緊張をほぐすのにピッタリなのがアロマテラピー!好きな香りを楽しんでリラックスするだけでも効果がありそうですよね。

さらに、湿布薬に使われる成分が含まれているアロマオイルもあるんですよ!

ここでは、肩こりに悩んでいる人に試してもらいたいアロマと代表的なレシピを紹介します。




■ローズマリー

いかにもハーブらしいスッキリとした香りで、防虫剤の「ショウノウ」に似た香りだと言われています。

血行を良くする働きがあるので、肩こりだけでなく色々な不調の改善に役立ちそう。

ちなみに、ローズマリーのアロマオイルにはカンファーという成分が含まれているのですが、これを化学的に合成したものが、湿布薬に含まれているdl-カンフルだそうです。

そう聞くと、なんだかとっても効きそうですよね!


■ラベンダー

リラックス効果といえばコレ!草のような花のような優しい香りで、芳香剤としても人気があります。

痛みを軽くする成分も含まれているので、コリを通り越して痛みが出てきた時にも効果がありそう。

ラベンダーのアロマオイルには色々な種類があって、特別な効果を期待する人は細かく選びますが、一般の人が使う範囲ならどれを選んでも大丈夫です。

多少香りの違いがあるので、できればサンプルを試して好きな香りを選ぶと良いですよ!




■オレンジスイート

名前のとおり、美味しそうなオレンジの香りが特徴のアロマオイル。ローズマリーと同様に血行を良くする働きがあり、明るく前向きな気持ちになれると言われています。

肩がこっていると気持ちまでふさいでしまうので、これは嬉しい効果ですよね!

草や木の香りよりもフルーツの香りが好き!という人には特にオススメです。

スイートという言葉が付いているのは、オレンジのアロマオイルにはスイートとビターの2種類があるからですが、オレンジビターの実から作られた物は刺激が強くて使いにくいので、一般の人向けにはあまり売られていません。


■オススメレシピ

トリートメントオイルを作って肩や首に塗るか、お風呂に入れるのがオススメです。

【その1:トリートメント】
ラベンダー…1滴
ローズマリー…1滴
ホホバオイル…10ml

ホホバオイルにアロマオイルを加えてよく混ぜ、こっている部分に塗ってマッサージします。

【その2:アロマバス】
ラベンダー…2滴
オレンジスイート…1滴

40度くらいのお風呂にアロマオイルを加え、よく混ぜてから入浴します。




■おわりに

いかがでしたか?

肩こりの改善には、血行を良くすることが何よりも大切です。

適度な運動や姿勢の見直しに加えて、アロマの力も借りてみてくださいね。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】