恋が長続きする方法!仲直りのルールを作っちゃおう♪

a0002_007792


恋が長続きするカップルの多くは、喧嘩の仕方が上手、という特徴が挙げられます。

今回は、そんな喧嘩の中でも最終局面に訪れる「仲直り」のテクニックをご紹介します。




■2人の関係を成長させる仲直りの仕方

どんなに仲のよいカップルでも、他人である以上、意見の食い違いや衝突があることもあります。

そんな時、喧嘩をするカップルは非常に多いでしょう。

ただ、仲の良いカップルは、その喧嘩を境に2人の関係性を成長させることができます。

そんな2人の関係を成長させるために欠かせないのが、仲直りです。


■どちらが悪いかは関係ない

喧嘩をしてしまうと、どうしても2人の間に気まずい空気が流れてしまいます。

その空気を緩和させるために、お互いに歩み寄る必要があります。

この時

「自分は悪くないのだから歩み寄りたくない」

と考えられる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、賢い仲直りをするためには、どちらが悪いかは実は関係ありません。喧嘩が終わった時点で、歩み寄ることが2人の成長に繋がるからです。

自分の気持ちを整理するためにも、積極的に歩み寄るようにしましょう。 




■笑顔になれるキッカケを作る

ただ、

「仲直りしよう!」

と言葉に出して実行することは、なかなか難しいかもしれません。

そこでお勧めなのが、2人が笑顔になれるキッカケを作ることです。

・相手が好きな料理
・少額のプレゼント
・旅行(遠出デート)

など、2人が笑顔になれるキッカケを作り、仲直りの印とするようにしましょう。

何回か、繰り返すことで、このキッカケにより自然と歩み寄れるようになります。


■形に残りすぎるキッカケはNG

ただ、あまり形に残りすぎるような仲直りのキッカケはお勧めしません。

実は私の友人に

「彼氏と喧嘩したらコートを買ってもらう」

というルールを作っている友人がいました。

ところが、付き合って数年も経つと彼女のクローゼットは、彼氏に購入してもらったコートが半分以上を占めるようになってしまいました。

その数を見て、友人は

「こんなに喧嘩する人と付き合っている意味はない」

と別れてしまったのです。

このように形に残るキッカケは、喧嘩した回数をカウントできてしまうため、お勧めできません。

少額のプレゼントなどの場合も、お菓子などの食べてなくなるような物や入浴剤のように使ってなくなるような物をプレゼントするようにしましょう。




■おわりに

喧嘩を恐れるカップルは多いですが、喧嘩の仕方によっては、お互いのことを深く知ることができる良いチャンスとも言えます。

今回の記事を参考にして、ドンドン喧嘩をしましょう。そして賢い仲直りの仕方をすることで、2人の関係性を成長させてください。
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】