チャンスを逃すな!男性が結婚しようと思う4つの瞬間!

a0003_000753


女性が強くなってきたとは言え、いまの日本ではまだまだ結婚を決める主導権は男性にありますよね。

女性からプロポーズしてもいいですが、相手の男性が「結婚しようかな」と思わないとなかなかいい結婚生活は送れません。

そこで今回は、男性が結婚しようかなと思う瞬間についてご紹介します。




■1.仕事から帰ったら温かいご飯が出てきたとき

大定番ですが、やっぱり一人暮らしの男性にとって手料理はすっごくありがたいもの。

コンビニ弁当でしのぐ人もいるようですが、コンビニ弁当ってどこか似た味がしてすぐに飽きるんですよね。

疲れて帰ってきたら待たずに温かくておいしいご飯が食べられるというのは男性にとってすごく嬉しいことなのです。


■2.仕事で大きな成功を収めたとき

仕事である程度大きな成功を収めて、このまま続けていけるという自信を持つということは男性の人生設計の中ですごく重要なこと。

いまは勿論女性も働く時代ですが、現代の男性の中にも自分が働いてしっかりせねば!という気持ちを持っている人が多いものです。

仕事で成功して自信がついてやっと、人生の伴侶を迎える心の余裕ができます。




■3.母親に結婚はまだ?と聞かれたとき

多くの男性はお母さんが大好き。

なので、お母さんから「結婚はまだなの?」「孫の顔が見たいわ」などと言われると、そのとき付き合っている女性との結婚を考えてしまいます。

もし彼と結婚したいのならば、彼のお母さんと仲良くしておくことが近道かもしれませんね。


■4.彼女と自分のお母さんが似てると思ったとき

彼女がお母さんと似ているというのは男性にとって非常に重要なファクターです。

男性は「彼女が母親になること」に対してとても厳しい目を持っています。自分のお母さんと比べてしまうのです。

どうしても自分の母親をひいき目にみてしまうので、お母さんに勝つことはひとまず諦めて。

似ていると思わせたら、彼の信頼を勝ち取ったも同然です。




■おわりに

いかがでしょうか。男性にとってお母さんの影響が大きいのは確かなので、できるだけお母さんと仲良くしておきましょう。

母親とウマの合わない女性は嫁にしたくない、というのも男性の本音。

結婚するためにはまず彼のお母さんから攻略してしまいましょうね。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】